カルロ・クディチーニ

クラブアンバサダー

ブルーズの歴史上で最も才能に溢れ、人気の高い選手のひとり。カルロ・クディチーニは1999年から2009年の10年間で216試合に出場し、記録したクリーンシートは101を数える。

クラブ史上二度目のチャンピオンズリーグ出場を決めた2002/03シーズン、クディチーニはプレミアリーグでそのシーズンに最も活躍したGKに贈られるゴールデングローブ賞を受賞。クラブではプレミアリーグを2度、FA杯、リーグ杯、コミュニティシールドを制覇している。

現役引退は2014年、メジャーリーグサッカーのLAギャラクシーにて。2015年3月にはアイルランドU21代表のGKコーチを務めた。

2002年にクラブ年間最優秀選手に輝いたクディチーニ。2015年にはカナダとアメリカへと遠征したプレシーズンツアーに、そして2015/16シーズンにはモナコで行われたチャンピオンズリーググループステージ抽選会にクラブのアンバサダーとして参加した。

2016年7月からはアンバサダーと平行してアントニオ・コンテのもとアシスタントコーチを務めている。

チェルシーからその他