エディ・ニュートン

クラブアンバサダー

1997年FA杯決勝でネットを揺らしたヒーロー。エディ・ニュートンはウェンブリーでチェルシーに26年ぶりのタイトルをもたらした。

ニュートンはユース時代からチェルシーでプレー。中盤や前線でのプレーを得意としたが、グレン・ホドルやルート・フリットのもとでは中盤の底のポジションを務めることもあった。

1990年から1999年にかけて214試合に出場し、FA杯、リーグ杯、カップウィナーズ杯のトロフィーを手にした。

2000年代前半にクラブのアカデミーコーチに就任すると、MKドンズ、ウェストブロム、そしてチェルシーでロベルト・ディ・マッテオのもとアシスタントコーチを務めた。

ニュートンはローン選手の動向をチェックするテクニカルコーチとしても働いている。

チェルシーからその他