ユージーン・テネンバウム

重役

ソ連時代のウクライナ出身。幼い頃にカナダへと移住している。ロマン・アブラモヴィッチ氏の側近であり、2006年にはアブラモヴィッチ氏が売却した石油会社シブネフトにおいても企業財務を担当していた。現在MHC-サービスLtdのマネージングディレクターおよびハイランドゴールドマイニングLtd、EVRAZ plcにおいても役員を務めている。

2003年にアブラモヴィッチ氏がクラブ買収した際に役員入り。2012年のチャンピオンズリーグ優勝、翌年にはヨーロッパリーグ優勝など、クラブの黄金期に携わると、さらに2015年にはプレミアリーグとリーグカップ優勝も経験。その2年後にもリーグ優勝を経験した。 

テネンバウムはトロント大学にて経済学の学位を取得。また同大学にて商業金融の学士も取得した。のちに会計士の資格を取得、トロントにて1987年から活動を始めた。 

トロント、モスクワ、ロンドンでは5年間に渡りKPMGの企業財務を担当。1990年から1993年にはKPMGインターナショナルにてナショナルディレクターを務めた。その後1994年から1998年までサロモン・ブラザーズにて企業財務ディレクターも担当している。

チェルシーからその他