FA女子スーパーリーグスプリングシリーズ 2017

レディースチームはシーズン最終節でバーミンガムシティを下し、FA女子スーパーリーグスプリングシリーズを制した。 

 

カレン・カーニイがPKで先制すると、フラン・カービイが追加点。エマ・ヘイズ率いるチームは終了のホイッスルとともに優勝を飾っている。 

 

2試合連続で5人のスタメン変更を施していたチームだったが、今回は先週7-0でリヴァプールに勝利した試合と同じ顔ぶれ。ミッドウィークにブリストル・シティを下したウィングバックコンビに代わってジェマ・デイヴィソン、クリスタル・ダンがスタメン復帰。前線3名も、チ・ソヨン、カーニイ、カービイに戻っている。そのほかGK、最終ライン、セントラルミッドフィルダーは変わらずとなった。 

 

快晴のソリハル・ムーアで行われた一戦、チェルシーは序盤からプレスをかけて先制点を狙う。 

 

しかしバーミンガムも、チェルシー最終ラインの背後を狙うボールでチャンスメイク。前線を率いるエリー・ブラジルがゴール前に顔を出す。 

 

しかし15分も経過すると、試合のペースは徐々にチェルシーのものに。まずはダンのクロスからのチャンスは、オフサイド。 

 

その直後にもダンはクロスを供給、これにチ・ソヨンがボレーで合わせるも、枠は捉えきれない。 

 

すると続くチャンスに、カービイが倒されPK獲得。このファウルで相手GKにイエローカードが出されている。 

 

カーニイはこのチャンスを逃さず、冷静にネットを揺らし優勝に向けて大きな1点を奪う。 

 

これで勢いに乗ったチェルシーは、追加点に向けて猛攻。カーニイのフリーキックにはブライトが合わせるも、ヘディングはわずかに枠を外れている。 

 

さらにカービイがインターセプトしたボールから、2-0とするチャンス。しかしダンのクロスに合わせたデイヴィソンのヘディングも枠を外れてしまう。さらにマレン・ムジェルデは相手GKの隙を突いてロングシュートでの追加点を狙う。しかしこれはわずかにGKが間に合って追加点ならず。 

 

カーニイとダンの左サイドからの攻撃を主に、試合の主導権を握るチェルシー。さらにチ・ソヨンの動きも次々にバーミンガム守備陣を混乱に陥れる。 

 

さらにチ・ソヨンからのボールにはカービイ。エリア内から狙うも、これはキーパーが防ぐ。

 

後半になってもチェルシーの優位は変わらず。ムジェルデがコーナーから頭で狙うも、ディフレクトして外へ外れる。 

 

そしてここでようやく、攻勢が実り追加点。後半13分、丁寧な組み立てからデイヴィソンが右サイドへ。低いクロスがキーパーのミスを誘うと、最後はカービイがルーズボールに合わせて無人のゴールネットを揺らす。これでトロフィーをほぼ手中にしたチェルシー。 

 

バーミンガムも選手交代で反撃。一方のヘイズもデイヴィソンに代えてバックマンを投入、カーニイを右サイドへ移し、カービイの後ろでチ・ソヨンと並べた。 

 

するとムジェルデの動きから再びビッグチャンス。ジリー・フラハーティ、カービイとつないでチ・ソヨン、最後はムジェルデが狙うも枠を外している。 

 

残り6分、スペンスに代わってベンチへ退くカービイには、スタジアムから万雷の拍手が。 

 

ロスタイムにはバックマンにダメ押し点のチャンス。バーミンガム守備陣を崩して狙うも、キーパーが触って追加点ならず。 

 

最後の最後、バーミンガムにもチャンスが訪れるも、チェルシー守備陣は最後まで崩れず。終了のホイッスルとともに優勝決定、歓喜の瞬間を迎えたのだった。

 

バーミンガムシティ:アン=カトリン・バーガー、ペイジ・ウィリアムズ、ミーガーン、サージェアント、ジェス・カーター(チャーリー・ウェリングス 63)、カリス・ハロップ (c)、サラ・メイリング、アビーレイ・ストリンガー、マリサ・イワーズ(フレダ・アイーシ 70)、レイチェル・ウィリアムズ、アオイフェ・マニオン、エリー・ブラジル
控え:ソフィー・バガリー、アンドリーン・ヘガーバーグ、クロエ・ペプロウ、コニー・ショフィールド、エミリー・ウェストウッド
警告:バーガー 21

 

チェルシー (3-4-2-1): カーリー・テルフォード;ジリー・フラハーティ、ディアナ・クーパー、ミリー・ブライト;ジェマ・デイヴィソン(ラモナ・バックマン 64)、マレン・ムジェルデ、ケイティ・チャップマン (c)、クリスタル・ダン;チ・ソヨン(エリン・カスバート 90)、カレン・カーニイ;フラン・カービイ(ドリュー・スペンス 84)
控え: フラン・キッチング、ハンナ・ブランデル、ベス・イングランド
得点: カーニイ 22、カービイ 58

 

観客数: 1,171人

チェルシーからその他