UEFAヨーロッパリーグ:2012/13

アムステルダムでのヨーロッパリーグ決勝戦は、ブラニスラヴ・イヴァノヴィッチの素晴らしいヘディングシュートで、ブルーズがベンフィカを下して優勝を飾った。

試合は60分にファン・マタのパスに抜け出したフェルナンド・トーレスが落ち着いてゴールを決め、チェルシーが先制する。

 

しかしながら、先制点から8分後にベンフィカがPKを獲得。これをオスカル・カルドソがしっかりと決め、ベンフィカが同点に追いついた。

 

このまま30分間の延長戦に突入するかと思われたが、追加タイム3分、CKからチェルシーに劇的な決勝点が生まれる。マタの右CKをファーのイヴァノビッチがヘッドで合わせると、柔らかく弧を描いたシュートが枠の右上に吸い込まれた。

 

この大会でチェルシーはスパルタ・プラハ、ステアウア・ブカレストをそれぞれ2-1、3-2 で下して勝ち進むと、準々決勝でルビン・カザンを5-4で退けて、準決勝進出を決める。

 

準決勝の対戦相手は、トッテナムを破って勝ち進んできたバーゼル。アウェイでの第1戦では、ダヴィド・ルイスの見事なFKが炸裂し、チェルシーが2-1と勝利を収めた。

 

スタンフォードブリッジで迎えた第2戦では、モハメド・サラーに先制点を決められるも、フェルナンド・トーレスとヴィクター・モーゼスが得点を奪って逆転に成功。その後も、ダヴィド・ルイスがミドルシュートを沈め、勝利を引き寄せる追加点を決めた。

チェルシーからその他