UEFAヨーロッパリーグ:2018/19

ヨーロッパリーグ決勝はチェルシーがアーセナルを下し、バクーを蒼に染め上げた。

オリヴィエ・ジルー、エデン・アザールが攻撃を牽引し、後半に一挙4得点。先制点はジルーが決めている。続いてペドロが追加点をあげるなど快勝劇でトロフィーをロンドンへと持ち帰ることに。

バクー・オリンピック・スタジアムでの一戦は、後半になって5ゴールが生まれるゴールラッシュ。長旅を越えてやってきたチェルシーファンにとっては嬉しい結果となっている。

後半早々にジルーが頭でネットを揺らすと、4分間で2ゴールを追加したチェルシー。まずはペドロが2-0とすると、ジルーが得たPKをアザールが沈めている。

アレックス・イウォビに1点を返されるも、すぐに反撃。ジルーのアシストからアザールが決めて、2018/19シーズンをタイトルで締めくくっている。

チェルシーからその他