マッチプレビュー

マッチプレビュー:BATEボリソフ V チェルシー - マッチデイ

マッチプレビュー最終章で今日の試合に備えよう...


• マウリツィオ・サッリはヨーロッパの人々に分け隔てなく愛されている。前回BATE戦でのチェルシーのスタメン10名は今大会その直前の試合と同様であり、唯一の違いはアルヴァロ・モラタの代わりにオリヴィエ・ジルーが起用されていた部分であった。 
  
• ブルーズは先週末ロンドンの一戦でポゼッションを独占し、前回のBATEとの対戦でも後半の得点の前にさらにネットを揺らせていた可能性もある。前回のハットトリック・ヒーロであるルベン・ロフタス=チークはその続編を今回も見せてくれることが期待されている。ロフタス=チークとウィリアンの左サイドでの動きが多く、試合を独占していた。 

・ウィリアンとエデン・アザールはそれぞれヨーロッパの大会において10ゴールずつを挙げている。エデン・アザールとジョルジーニョはミンスクの遠征に同行したものの、アザールはこの大会では直近2試合スタメンに含まれておらず、代わりにセスク・ファブレガスがセントラルミッドフィールダーとして核となる役割を果たしている。モラタ同様、セスクも今回のベラルーシには同行していない。 

 
•  アリャクセイ・バガ監督はチェルシーとの2週間前の対戦の経験を「独占するフットボール、ボールのコントロール、驚異的なスピード」という言葉でまとめ説明した。「我々のタスクは全てに出来る限り早く対応していくことだ」と語り、PAOK戦、ブルーズ戦で経験した開始15分で5点を喫してしまうような序盤でのセットアップは避けたいとした。 
 
• 左ウィンガーであるイゴール・スタセビチは、疑いなくベラルーシの最脅威とされ、右後ろのアレクセイ・リオスと組み得点を狙う。ミッドフィールドから攻撃までパスを上手く回すが、逆にディフェンスは特にクロスやコーナーなどの部分、そしてペドロやウィリアンのペースに対し少々心もとなく感じる。 

・BATEは今大会ホーム戦にて得点を挙げていない、というのも4-1で負けを喫したPAOK戦ではホセ・アンヘル・クレスポがマクシム・スカヴィシュのヘディングを逸らし、自身のゴールを揺らしてしまった得点であったからである。昨年の同大会ではアーセナルを相手に2得点を挙げているが、結果はアーセナルに4-2とされ負けを喫している。

主審

ニコラ・ダバノヴィッチと彼のアシスタントはモンテネグロ出身。チェルシーの試合を吹くのは初となる。
 

試合日の天候予想

ベラルーシの乾いた寒い夜へ向け準備万端。

チェルシーからその他