マッチレポート:BATE 0-1 チェルシー

オリヴィエ・ジルーのゴールで、チェルシーはヨーロッパリーグ4連勝。BATEボリソフを下してベスト32進出を決めている。

この日はクリスタルパレス戦で欠場となったジルーが、スタメンに復帰。

中盤にはホームのBATE戦でハットトリックを記録したルベン・ロフタス=チークが、バークリーと今シーズン初めて揃ってスタメン出場。最終ライン4人も総入れ替えとなった。

20分あたりからポジションを入れ替えたロフタス=チークとバークリーだったが、ポゼッションで圧倒しながらも決定機が見出せない。

ハーフタイムで選手に動きはなかったものの、手応えの少ない前半45分を盛り返すべく攻勢に出たブルーズは、後半7分のところでついにリードを奪う。

エメルソンのクロスにジルーがニアで合わせて、頭でボールを叩き込んだのだった。

これが意外にもシーズン初ゴールとなったジルーだが、チームにとっては大きな意味のある1点に。

しかし時間が進むにつれ、BATEも盛り返す展開。

サッリは前日の記者会見で明言した通り、1時間が経過したところでアザールをベンチへ。さらにロフタス=チークも下げてマテオ・コヴァチッチを投入している。

さらに昨日18歳の誕生日を迎えたカラム・ハドソン=オドイも投入。ペドロに代わり、攻撃ラインの左に入った。

結局ジルーのゴール1点で勝利。これでシーズン無敗も継続、ヨーロッパリーググループステージ突破を決めている。

 

チェルシー (4-3-3):ケパ;ザッパコスタ、クリステンセン、ケイヒル (c)、エメルソン;バークリー、ジョルジーニョ、ロフタス=チーク (コヴァチッチ 64);ペドロ (ハドソン=オドイ 84)、ジルー、アザール (ウィリアン 61)

控え: カバジェロ、アスピリクエタ、アンパドゥ、カンテ
得点 ジルー 52

BATEボリソフ (4-3-3): シェルビツキ;リオス、ヴォルコフ、フィリペンコ、フィロポヴィッチ;バガ、ドラグン、フレブ (ベレツキン 80);スカヴィシュ (モウカム 75)、シグネヴィッチ (トゥミネン 72)、スタセヴィッチ (c)
控え: チクカン、ヤブロンスキ、イヴァニック、ポリャコフ

主審 ニコラ・ダバノヴィッチ

チェルシーからその他