分析

データデイ:リュディガーが支配

勝利したブライトン戦での傑出した数々のパフォーマンスをデータから振り返っていこう...

チェルシーはボール支配率58%を記録し、88%のパス成功率となった。

スタメンの選手の中ではジョルジーニョが最高となる成功率93%と高い数値となり、続いてリュディガー、エンゴロ・カンテが91%となった。またリュディガーは最多となる100回のボールタッチを記録。次に多かったのがジョルジーニョの96回となった。

またリュディガーとジョルジーニョはパス成功数も多い数字を叩き出した。リュディガーが81本。続いてジョルジーニョが76本、ダヴィド・ルイスが70本となった。

キーパスではウィリアン、アザールがトップとなる3本をそれぞれ記録した。

リュディガーが抜きんでていた数値を叩き出したのはパスだけではなかった。彼は4回デュエルに勝利し、80%の勝率を記録。

セサル・アスピリクエタは一方でブライトンのベルナルドに続く5回のタックルを成功させた。

アスピリクエタはチェルシーの選手の中で最多となる3本のボールをクリアした。ジョルジーニョは3本のインターセプトを記録した。

チェルシーは10本のシュートを放ち、枠内シュートは3本で2ゴールを奪った。後半には相手ゴールキーパーのマシュー・ライアンを直接襲うシュートはなかったものの、マルコス・アロンソがクロスバー直撃のシュートを放った。

アロンソは2本のシュートを放ったが、ゴールを奪ったのはペドロ、アザールであった。

アザールは交代するまでに3回ドリブルを成功させた。これよりも多い成功数を記録したのがルベン・ロフタス=チークであった。ロフタス=チークはこの試合で25分間の出場。

ブライトンは14回のファール、チェルシーが6回のファールを記録。アザールとマテオ・コヴァチッチが3回の被ファール数となった。

アザールは欧州主要5大リーグで2人目となる今シーズン8得点、8アシストを記録した選手となった。もう1人はリオネル・メッシとなっている。

チェルシーからその他