ニュース

アスピリクエタが契約更新

セサル・アスピリクエタが今日4年間の新契約にサインした。これで2022年までスタンフォードブリッジでプレーすることとなった。

アスピリクエタは今シーズンキャプテンを務め、チェルシー通算300試合出場まで残り2試合となっている。300試合出場をアスピリクエタが達成すると、海外出身選手として7人目に達成したこととなる。

サインに際して、アスピリクエタはこう話した。「チェルシーと契約延長することができて嬉しい。自分がこのクラブに来てからチェルシーでプレーできる喜び、責任を感じているよ。ピッチに立つ時は全力を尽くしている。これからもこのチームに貢献していきたいね」

クラブのディレクターであるマリナ・グラノフスカイアはコメントを残した。「セサルは長くこのチームに所属している選手の一人で、6年間安定したプレーを披露してくれている。彼のプロとしての意識、一貫性は皆が見習うべきとことだと思うわ。これからもチームを引っ張っていく存在でいてほしいと思っているよ」

「この新契約でセサルはチェルシーで10シーズンプレーすることになるわ。そしてこれからの4年間もチェルシーの重要な選手となっていくでしょう」

29歳のアスピリクエタは2012年8月にこのチームに加入。そしてこの年にはチャンピオンズリーグで優勝。そして徐々にそのプレーの多彩さでチーム内での信頼を高め、2013年にはELでも優勝を果たした。

翌シーズンにはアシュリー・コールに代わって左サイドバックのスタメンとなり、チェルシー年間最優秀選手賞を獲得。またチェルシーでは8ゴールを記録し、ウェストロンドンでハイレベルなプレーを披露し続けている。2014/15シーズンではその安定感のあるプレーでプレミアリーグ制覇に貢献した。

このシーズンにはリーグ杯も制覇。そこからアスピリクエタは2つのタイトルを加えた    

2016/17シーズンには3バックの右サイドでプレーし、すぐにこのシステムに適応してみせた。そして昨シーズンにはマルセイユから加入して以来初めてFA杯を制覇した。決勝ではマンチェスター・ユナイテッドを無失点に抑えた。

アスピリクエタは今シーズン、プレミアリーグではフル出場を果たしており、チェルシーが首位争いをしているのに大きく貢献している。日曜日のフルハム戦では後半に左サイドバックに写るなどチームにとって欠かせない選手だと証明した。そして今シーズン、リーグ7試合目のクリーンシートに貢献した。

これからの4年間もアスピリクエタの活躍に注目していこう!

チェルシーからその他