ユース杯レポート:アーセナル 0-4 チェルシー(2試合合計1-7)

チェルシーU18はアーセナルを2試合合計7-1で撃破し、FAユース杯5連覇を成し遂げた。

65年の歴史を誇る同大会において、5連覇は初の偉業。チェルシーはここ9年間で7度にわたって同大会を制している。 

ジョディ・モリス率いるチェルシーU18はキャプテンのリース・ジェイムズ、マーク・グエーイ、ジョン・パンゾが最終ラインを構成。GKを務めたのはジェイミー・カミング。中盤にはコナー・ギャラガー、ビリー・ギルモアが並び、両ウィングバックを務めたのはファン・カスティージョとデュジョン・スターリングだ。前線にはジョージ・マッカークラン、ハドソン=オドイ、レダンが並んだ。

試合は序盤から動く。前半11分、カスティージョのクロスはクリアされたものの、そのこぼれ球を拾ったギルモアが豪快なボレーで先制のネットを揺らした。

同大会得点王を狙うハドソン=オドイもゴールを目指し何度もチャンスを作る。 

反撃するアーセナルの攻撃はGKカミングのセーブで防ぎ、チェルシーがリードを守る展開に。

前半を1-0で折り返すと、後半に追加点。オフサイドトラップをくぐり抜けたレダンが右サイドから抜け出すと中央へクロスを上げる。このこぼれ球を拾ったハドソン=オドイが相手DF2人をかわし、冷静にゴール下隅へと流し込んだ。ハドソン=オドイはこれで同大会7試合9得点を決めたことに。

さらにブルーズは途中出場のティーノ・アンジョリンがハドソン=オドイのアシストから追加点。リードを3点に広げる。

試合終盤にはハドソン=オドイがダメ押しの4点目を決め、勝負あり。 

ブルーズはこの試合を4-0で快勝。2試合合計7-1でアーセナルを下し、ユース杯5連覇を達成した。 

チェルシー(3-4-2-1) ジェイミー・カミング;リース・ジェイムズ(c)、マーク・グエーイ、ジョン・パンゾ;デュジョン・スターリング、コナー・ギャラガー(クリントン・モラ 61)、ビリー・ギルモア、ファン・カスティージョ;ジョージ・マッカークラン(ティーノ・アンジョリン 61)、カルム・ハドソン=オドイ;ダイショウン・レダン(チャーリー・ブラウン 71)

控え タリク・ランプティ、ジェイク・アスキュ

得点者 ギルモア 11;ハドソン=オドイ 57、78;アンジョリン 67

警告 ギャラガー 43;ジェイムズ 84 

アーセナル ジョアン・ヴァージニア、フォンテ・ダレイ=キャンベル、ドミニク・トンプソン、ロビー・バートン、ダニー・バラード(c)(ゼク・メドレイ 77)、ジョセフ・オロウ、ブカヨ・サカ、ジェイムズ・オラインカ、タイリース・ジョン=ジュールズ(トラエ・コイル 71)、エミリー・スミス=ロウ、ハヴィエル・アマエキ(フォラリン・バロガン 62)

控え ダニエル・バーデン、マシュー・スミス

警告 バートン 84 

主審 ティム・ロビンソン

観客数 3,877人

チェルシーからその他