女子FA杯決勝戦:アーセナル 1-3 チェルシー

ラモナ・バッハマンの2ゴールとフラン・カービーのゴールでチェルシーが2度目のFA杯王者に輝いた。

ウェンブリーで45,000人以上の観客が見守る中行われた決勝戦は、後半にバッハマンが2ゴール、そして76分にカービーがダメ押しゴールを奪ったチェルシーが勝利を手にした。 

決勝戦のカードは、国内のフットボールを牽引したチェルシーとアーセナルの対戦となった。14回の優勝を誇るアーセナル相手に、チェルシーはこれで2年前の同大会に続いて2度目の勝利。チェルシーは2015年にアーセナルを破った際は決勝戦でノッツ・カウンティを破っている。

エマ・ヘイズ監督は先週のチャンピオンズリーグ準決勝ヴォルフスブルク戦のメンバーに一部変更を加え、ヨンナ・アンデションとドリュー・スペンスをスタメンに起用した。 

一方、アーセナルのジョー・モンテマロ監督は、ユーロ2017を制したオランダ代表のフィフィアネ・ミデマーをベス・ミードと前線でコンビを組ませた。

出産を控えているヘイズ監督がダグアウトから戦況を見つめる中、チェルシーは順調な立ち上がりを見せる。15分にはバッハマンが見事なターンと股抜きから相手ゴールに迫るも、シュートは枠を捉えきれなかった。 

30分、チェルシーはケイティ・チャップマンを中心にブルーズは前線から激しいプレスをかける。年齢を感じさせないチャップマンのプレーで、チェルシーはミデマーに決定機を作らせない。

0-0で前半を折り返したが、後半開始早々に先制点が生まれる。後半開始3分にチ・ソヨンのリスタートからチェルシーに決定機が訪れる。ボールを受けたバッハマンがカービーとのワンツーで抜け出すと、落ち着いてゴールの隅へシュートを決めた。大舞台でセンターフォワードが本領発揮。今週、初めてウェンブリーでプレーした27歳のバッハマンが、家族が見守る中チームに貴重な先制点をもたらす。

待望の先制点にサポーターが‘チェルシー、チェルシー’とチャントを叫ぶ中、バッハマンが続けざまに追加点を奪う。右サイドでボールを受けた背番号23は、カットインから左足一閃。シュートは選手に当たった後、ネットに吸い込まれ、得点後ベンチに駆け寄ったバッハマンとヘイズ監督が熱い抱擁を交わした。

しかしながら、アーセナルもすぐさま反撃に出る。ミードが左サイドを突破してゴール前にパスを出すと、これをミデマーが左足で合わせ、アーセナルが1点を返す。その後はミヤルド、ミリー・ブライト、マグダレーナ・エリクソンを中心にブルーズ守備陣が奮闘。決勝戦もついに終盤を迎えた。

そして失点から僅か3分足らずで、チェルシーはカービーの活躍でリードを再び2点とする。ブランデルからエリア内でパスを受けると、カービーは左足から弧を描くシュートを放ち、これで今シーズン23点目をマークした。

今シーズンはチャンピオンズリーグとコンチネンタル・タイヤ杯で準決勝まで進んでいるチェルシー。WSLでは2冠を目指して残り4試合に挑む。チェルシーは水曜日にバーミンガムをキングスメドゥに迎え入れる。タイトルを争うマンチェスター・シティはリヴァプールと対戦する。チェルシーのホーム最終戦であるサンダランド戦は来週の土曜日に行われる。 

アーセナル (4-1-2-3) ファン・ヴィーネンダール;エヴァンス(カーター 84)、ウィリアムソン、クイーン、ミッチェル(マッケイブ 84);ヨンセン(オーライリー 63);ファン・デ・ドンク、リトル(c);ノブス、ミデマー、ミード

サブ ムアハウス、サミュエルソン

得点者 ミデマー 73

警告 ヨンセン 39 

チェルシー (3-4-1-2) リンダール;ブライト、ミヤルド、エリクソン;ブランデル、チ・ソヨン、チャップマン(c)、アンダーソン(スラスドーター 69);スペンス(カスバート 75);カービー、バッハマン(アルコ 85)

サブ テルフォード、フラエティ

得点者 バッハマン 48、60、カービー 76 

観客数 45,423人

主審 リンジー・ロビンソン

チェルシーからその他