クラブ声明

ジョルジーニョがブルーズに加入

ジョルジーニョはマウリツィオ・サッリ監督とともにナポリから加入、チェルシーにとって今夏の獲得選手第1号となった。

5年契約にサインしたジョルジーニョは、背番号5を担う。

ジョルジーニョ「チェルシーに来られて最高に嬉しい。これだけのビッグクラブでプレーできる選手は限られている。だからこそハッピーだよ。新たなリーグでの挑戦、それに勝利へ貪欲なチームでのプレーを心待ちにしている」

クラブのディレクターを務めるマリア・グラノフスカイアは「ジョルジーニョがチェルシーを選んでくれて嬉しいわ。欧州を代表する中盤のひとりで、このチームにおいても大きな役割を担ってくれるはずよ。マウリツィオ・サッリのもとで真価を発揮した選手だし、スタンフォードブリッジでもさらなる成功を支えてくれると信じているわ」とコメントした。

中盤深い位置でプレーするジョルジーニョは、サッリ政権のナポリにおいて中心選手だった。足元の技術に長け、俊敏な動きと素早いパス回しで攻撃のリズムを担う。

攻守の切り替えを託されていたジョルジーニョは、昨シーズンの欧州5大リーグにおける1分間のボールタッチ数で最高の数字を記録している。

ボール奪取能力にも優れ、オフザボールの動きでは最終ラインを支える働きも。

サッリのポゼッション重視・速いテンポの組み立てにうってつけの選手だ。またイタリア代表では8キャップを記録している。

15歳で生まれ故郷のブラジルからイタリアへと移ったジョルジーニョは、市民権も獲得。ヴェローナでプロキャリアをスタートさせ、サンボニファチェーゼでのローン修行も積んでいる。11年ぶりとなったセリエA昇格の立役者でもある。

2014年1月にはナポリに加入。4年半を過ごし、コパイタリア、イタリアスーパーカップを獲得。常に優勝争いにも絡みつつ、欧州の舞台にも進出した。

ジョルジーニョは今週、チームと合流。7月23日月曜日にオーストラリアで予定されているパース・グローリー戦でお披露目予定だ。スタンフォードブリッジでのデビューは8月7日火曜日、リヨンとの一戦となる。

チェルシーからその他