インターナショナル

モーゼスが代表引退

ヴィクター・モーゼスがナイジェリア代表の引退を表明した。 

モーゼスは2012年に代表デビューを果たすと2度のW杯に出場。今年のロシアW杯ではアルゼンチン戦でPKからゴールを奪っている。同大会でナイジェリアはグループステージ敗退に終わっていた。 

2013年のアフリカ杯では2得点の活躍でスーパーイーグルスの優勝に貢献。個人では同大会のベストイレブンとフェアプレー選手に選出された。 

モーゼスは27歳での代表引退に関して自身のtwitterにて「クラブでのキャリア、そして家族との生活に注力したい。またスーパーイーグルスの次世代のスターが台頭する機会を与えたい」とコメント。

モーゼスはこれまで代表で38試合に出場。そのうち34試合がチェルシー在籍時に出場したものだった。代表では12ゴールを決めていた。

チェルシーからその他