クラブパートナー

Beatsと契約延長

公式サウンドパートナーのBeats by Dr.Dreと、2021年まで3年の契約延長を結んだ。

ドクター・ドレーとジミー・アイオヴィーンにより2016年に設立されたオーディオ&スピーカーブランドのBeatsとは、これまで様々なキャンペーンでタッグを組んできた。

Beatsはチェルシーの男子・女子チームに対して、試合前などで使用するヘッドフォンを提供。この2年間、2017年のプレミア利リーグ優勝記念となるゴールデンモデルなど様々なラインナップを生み出してきた。

Beatsアンバサダーであるエデン・アザールは「Beatsの大ファンなんだ。音楽はとても大切なんだ。試合に備える為にも、特に遠征も多いからね。チェルシーの選手はみんなBeatsが大好きだよ。この関係がさらに続くのは、自分たちにとってもファンにとっても嬉しいことだよね」とコメント。

またチェルシーFCのコマーシャルディレクター、クリス・タウンセンドOBEは「Beatsとのパートナーシップ契約を延長できたことを、大変嬉しく思う。シーズンを通して戦う選手たちにとって音楽がどのような役割を担うか、スポーツの価値というものをしっかり理解してくれている」とコメント。

さらに「Beatsとはこれまでも様々な形でコラボレーションを続けてきた。この先の3年で、またさらに革新的なものをお見せできると思うと楽しみだね」と締めくくった。

チェルシーからその他