ローン

あっちこっちチェルシー:ミシー・バチュアイ、アルヴァロ・モラタ、タミー・エイブラハムが得点

先週はローン選手がゴールを量産…

クリスタルパレスはマンチェスター・ユナイテッドに3-1で敗れたものの、続くバーンリー戦ではミシー・バチュアイがアーロン・ワン=ビサカのクロスに合わせ3-1での勝利に貢献している。

エヴァートンのクル・ズマはリヴァプール戦に出場し、試合はスコアレスドロー。ズマは試合最多となる7回のクリアを記録した。

スペインではアルヴァロ・モラタが2ゴールを決めた。退場者を出しながらもレアル・ソシエダに2-0で勝利したアトレティコ・マドリッドは首位バルセロナと7ポイント差だ。

セリエAではアタランタのマリオ・パサリッチがフィオレンティーナ戦に終盤から出場し、3-1での勝利に貢献。ミッドウィークにはコパ・イタリア準決勝で同じくフィオレンティーナと対戦し、試合は3-3のドロー。

ティエムエ・バカヨコのACミランはコパ・イタリア準決勝でラツィオと対戦し、試合はスコアレスドロー。セリエAではサッスオーロに1-0で勝利している。

フィテッセのエドゥアルドとジェイク・クラーク=ソルターはNAC戦に出場し、4-1での逆転勝利に貢献。オランダ2部ではスパルタ・ロッテルダムのファンカティ・ダボがワールウェイク戦に出場し、2-1での勝利に貢献した。

フェネルバフチェのヴィクター・モーゼスはリゼスポル戦で84分にPKを沈め、チームを3-2での勝利へ導いた。ベジクタシュとのイスタンブール・ダービーでは3-3のドローに終わっている。

サークル・ブルッヘのキリアン・アザールはコートリーク戦に出場するも、2-1で敗戦。

チャンピオンシップではアストンヴィラのタミー・エイブラハムが3ゴールに関わる活躍でダービー相手の4-0での勝利に貢献。エイブラハムのシュートのこぼれ球から先制点が生まれると、エイブラハムは続く2点目を決め、さらに後半には追加点をお膳立て。ダービーではフィカヨ・トモリが出場したが、こちらは悔しい結果に。ダービーはノッティンガム・フォレスト戦でも1-0で敗れている。

勝利を掴み取ったハル。トッド・ケインのクロスから貴重なゴールが生まれ、ミルウォールに2-1で勝利。直前にはバーミンガムにも2-0で勝利を手にしていた。

レディングのマット・ミアズガとルイス・ベイカーはトレヴォ・チャロバー擁するイプスウィッチに2-1で勝利し、降格圏から脱出。リース・ジェイムズのウィガンはミドルズブラと0-0のドロー。リーズではイザイア・ブラウンが今シーズン初出場を果たしたが、QPRに1-0で敗れている。

シェフィールド・ウェンズデイのマイケル・ヘクターはブレントフォード戦に出場し、2-0での勝利に貢献。ブリストルではトマス・カラス、ジェイ・ダシルヴァ、ケイシー・パルマーが先発出場するも、バーミンガムに2-1で敗戦。続くプレストン戦ではカラスが先発出場し、ダシルヴァは途中出場となった。試合は1-1のドローに終わっている。

リーグ・ワンではバートンのブラッドリー・コリンズがウォルサールを無得点に抑え、試合はスコアレスドロー。コヴェントリーのデュジョン・スターリングはアクリントン戦に出場し、1-0で勝利。チームはプレーオフ出場圏内に留まっている。

リーグ・トゥ、ヨーヴィルのネイサン・バクスターはモアカム戦に出場。この試合に勝利し、降格圏に6ポイント差をつけた。チェルトナムのジェイコブ・マッドックスはマンスフィールド戦に出場するも、チームは4-2で敗れた。

アイリッシュ杯でラーネ・テックと対戦したワレンポイントではジェアド・トンプソンが3-1での勝利に貢献。続く準決勝ではバリナマラードと対戦する。

チェルシーからその他