マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v ディナモ・キエフ - ナンバーズ

スタンフォードブリッジにディナモ・キエフを迎える一戦。クラブの専門家ポウル・ダットンが試合をプレビューした…

数字で見るチェルシー

チェルシーはヨーロッパリーグにおけるホームゲーム7連勝中。合計スコアは20-4だ。

ヨーロッパの舞台において、チェルシーはホームで118戦82勝(69.5%)。敗れたのはわずかに8試合のみ。

ヨーロッパの舞台ではホームで35試合連続得点中のブルーズ。合計91ゴール(1試合平均2.6ゴール)を記録している。最後にホームで無得点に終わったのは2011年4月のチャンピオンズリーグ準々決勝マンチェスター・ユナイテッド戦だ。

ヨーロッパリーグでは11戦無敗のチェルシー。第6節でヴィディ相手に2-2のドローに終わり、連勝が8でストップしている。ヨーロッパリーグで最後に敗れたのは2013年の準々決勝ルビン・カザン戦でスコアは2-3。しかしスタンフォードブリッジでの1st legを3-1と制したブルーズが次のラウンドへと駒を進めている。

今シーズン、ヨーロッパリーグでハットトリックを達成したのはルベン・ロフタス=チークを含む2人のみ。もう1人はザルツブルグの南野拓実だ。

トップクラス:ロフタス=チークのハットトリック

ヨーロッパでのチェルシーここ10年

2008/09 - チャンピオンズリーグ準決勝
2009/10 - チャンピオンズリーグ ラウンド16
2010/11 - チャンピオンズリーグ 準々決勝
2011/12 - チャンピオンズリーグ優勝
2012/13 - ヨーロッパリーグ優勝(チャンピオンズリーググループステージを経て)
2013/14 - チャンピオンズリーグ準決勝
2014/15 - チャンピオンズリーグ ラウンド16
2015/16 - チャンピオンズリーグ ラウンド16
2016/17 - 出場なし
2017/18 - チャンピオンズリーグ ラウンド16


ヨーロッパリーグ得点者

ジルー 6、ロフタス=チーク 3、バークリー 2、ハドソン=オドイ 2、モラタ 2、ウィリアン 2


ヨーロッパでのここまで

ホーム勝ちから:0
ホーム引分から:4
ホーム負けから:8


マイルストーン

オリヴィエ・ジルーは次のゲームでチェルシー通算50試合出場を達成

ジルーのブルーズ初日...


数字で見るディナモ・キエフ

創立 1927年

主要タイトル
2 カップウィナーズ杯、前回1986年
1 UEFAスーパー杯、前回1975年
13 ソヴィエト・トップリーグ、前回1990年
15 ウクライナ・プレミアリーグ、前回2016年
9 ソヴィエト杯、前回1990年
11 ウクライナ杯、前回2015年
3 ソヴィエト・スーパー杯、前回1987年
7 ウクライナ・スーパー杯、前回2018年
4 CIS杯、前回2002年

ウィンターブレイク明けから2連勝中のディナモ・キエフ。土曜日にデズナに2-1で勝利している。

1990年以降、ディナモ・キエフはヨーロッパの舞台へ出場し続けている。

今シーズン、ヨーロッパリーグでは8戦でわずか1敗のディナモ・キエフ。クリーンシートは2試合だ。

ディナモ・キエフはオリンピアコスとのアウェイゲームで2-2のドロー

2011年2月にベジクタシュを下して以降、ディナモ・キエフはヨーロッパリーグのノックアウトステージにおけるアウェイゲーム10戦未勝利。

ヨーロッパの舞台ではアウェイここ12試合4勝6分2敗という成績だ。

ディナモ・キエフはイングランドで未だ勝利なし。ここまで14試合は3分11敗に終わっている。



ディナモ・キエフのヨーロッパにおける過去10年
2008/09UEFA杯準決勝(チャンピオンズリーググループステージを経て)
2009/10チャンピオンズリーググループステージ
2010/11ヨーロッパリーグ準々決勝(チャンピオンズリーグプレーオフを経て)
2011/12ヨーロッパリーググループステージ(チャンピオンズリーグ予選3回戦を経て)
2012/13ヨーロッパリーグラウンド32(チャンピオンズリーググループステージを経て)
2013/14ヨーロッパリーグラウンド32
2014/15ヨーロッパリーグ準々決勝
2015/16チャンピオンズリーグラウンド16
2016/17チャンピオンズリーググループステージ
2017/18ヨーロッパリーグラウンド16(チャンピオンズリーグ予選3回戦を経て)



ディナモ・キエフの対イングランド勢アウェイゲーム戦績
1981/82アストンヴィラ負 0-2ヨーロピアン杯準々決勝2nd leg(2戦合計0-2)
1997/98ニューカッスル負 0-2チャンピオンズリーググループステージ
1998/99アーセナル分 1-1チャンピオンズリーググループステージ
2000/01マンチェスター・ユナイテッド負 0-1チャンピオンズリーグ第1グループ
2001/02リヴァプール負 0-1チャンピオンズリーグ第1グループ
2002/03ニューカッスル負 1-2チャンピオンズリーグ第1グループ
2003/04アーセナル負 0-1チャンピオンズリーグ第1グループ
2007/08マンチェスター・ユナイテッド負 0-4チャンピオンズリーググループステージ
2008/09アーセナル負 0-1チャンピオンズリーググループステージ
2010/11マンチェスター・シティ負 0-1ヨーロッパリーグラウンド16 2nd leg(2戦合計2-1)
2011/12ストーク分 1-1ヨーロッパリーググループステージ
2014/15エヴァートン負 1-2ヨーロッパリーグラウンド16 1st leg(2戦合計 6-4)
2015/16チェルシー負 1-2チャンピオンズリーググループステージ
2015/16マンチェスター・シティ分 0-0チャンピオンズリーグラウンド16 2nd leg(2戦合計 1-3)
1998年10月、1-1のドローに終わったアーセナル戦でディナモ・キエフの選手としてプレーしたアンドリュー・シェフチェンコ
チャンピオンズリーグ予選
8/7スラヴィア・プラハ(A)予選3回戦分 1-1
8/14スラヴィア・プラハ(H)予選3回戦勝 2-0
8/22アヤックス(A)プレーオ負 1-3
8/28アヤックス(H)プレーオフ分 0-0
ヨーロッパリーグここまで
9/20アスタナ(H)分 2-2
10/4ヤブロネツ(A)分 2-2
10/25レンヌ(A)勝 2-1
11/8レンヌ(H)勝 3-1
11/29アスタナ(A)勝 1-0
12/13ヤブロネツ(H)負 0-1
2/14オリンピアコス(A)ラウンド32分 2-2
2/21オリンピアコス(H)ラウンド32勝 1-0


ヨーロッパリーグ得点者

ヴェルビッチ 3、ブヤルスキ 2、ハルマシュ 2、ツィガンコフ 2、ケジオラ 1、シャパレンコ 1、ソル 1、マイコレンコ 1


監督 
アリャクサンドル・ハツケヴィッチ
在任期間:644日
試合数:82
勝利:50
引分:19
負け:13

アリャクサンドル・ハツケヴィッチ監督は初めてチェルシーと対戦


ヨーロッパでのここまで

アウェイ勝ちから:1
アウェイ引分から:0
アウェイ負けから:4
 


その他

ディナモ・キエフのベンジャミン・ヴェルビッチは出場停止

ロス・バークリーとディナモ・キエフのヴィタリー・ブヤルスキ、デニス・ガルマシュ、トマス・ケジオラはあと1枚警告を受けると2nd legに出場できない。

チェルシーからその他