ニュース

チームニュース:チェルシー v ディナモ・キエフ

チームニュース!ダヴィド・ルイスがキャプテン!

オリヴィエ・ジルーがスタメン復帰でチェルシー50試合出場達成。

ケパ・アリサバラガが再びゴールマウスに立つ一方で、セサル・アスピリクエタ、アントニオ・リュディガーは休養。ダヴィド・ルイスがアンドレアス・クリステンセンとコンビを組み、ダヴィデ・ザッパコスタがスタメン起用。

ペドロ、ウィリアンが前線に入り、キャプテンはダヴィド・ルイスが務める。

ディナモ・キエフは前回のヨーロッパリーグからベンヤミン・ヴェルビッチ、フラン・ソルをセルヒー・シドルチュク、ナザリー・ルシンに替えてきている。

チェルシー:ケパ;ザッパコスタ、ダヴィド・ルイス (c), クリステンセン、アロンソ;バークリー、ジョルジーニョ、コヴァチッチ;ウィリアン、ジルー、ペドロ

控え:カバジェロ、リュディガー、カンテ、ロフタス=チーク、ハドソン=オドイ、アザール、イグアイン

ディナモ:ボイコ;ケンジオラ、ブルダ、シャバノフ、ミコレンコ;シドルチュク (c)、シェペレフ;ツィハンコフ、ブヤルスキー;ルシン

控え:ブシチャン、シジクレイ、アンドリイェフスキ、ハルマシュ、ツィタイシュヴィリ、スミルニー、カーダール

主審はスロヴェニアのスラヴコ・ヴィンチッチ。

スタッツ

チェルシーはヨーロッパリーグホームゲーム7連勝で、得失点は20-4。

チェルシーは欧州大会ホームゲーム118試合のうち82勝(69.5%)で、わずか8敗。

チェルシーは欧州大会ホームゲーム過去35試合連続ゴール中で合計91得点(2.6ゴール/試合)。前回無得点に終わったのは、2011年4月のチャンピオンズリーグ準々決勝マンチェスター・ユナイテッド戦。

チェルシーはヨーロッパリーグ11試合無敗。第6節でヴィディに2-2で引き分けて、連勝は8で途切れている。前回負けたのは2013年の準々決勝第2戦で、アウェイのルビン・カザン戦を2-3で落としている。なお第1戦はホームで3-1と勝利している。

ルベン・ロフタス=チークは今シーズンのヨーロッパリーグでハットトリックを記録している2人のうちの1人。もう1人はザルツブルグの南野拓実。

ディナモ・キエフはウィンターブレイク明けのリーグ戦2連勝中。土曜日のデスナ戦もアウェイで2-1と勝利している。

ディナモは1990年から欧州大会連続出場中。

ディナモは今シーズンのヨーロッパリーグ8試合中負けたのはわずか1試合。クリーンシートは2つ。

ディナモ・キエフはヨーロッパリーグ決勝トーナメントアウェイゲームで10試合白星なし。最後に勝ったのは2011年2月のベジクタシュ戦。

キエフは欧州大会過去12試合中アウェイで負けたのは2回(4勝2分)

ディナモ・キエフはイギリスでの欧州大会で勝ったことがない。過去14試合3分11敗。




チェルシーからその他