クラブ声明

クラブ声明

チェルシーフットボールクラブは、控訴準備期間も処分の施行を待つことはないというFIFA不服申立委員会のまさかの決定を通達された。

クラブはすでにFIFAに対して懲戒委員会への控訴を行う旨を通達し、規則に従った手順を踏んでいた。手続き上の公平性と待遇の一様性およびスイスの法律に則り、クラブには処分の施行の前に控訴期間が準備されるべきものとしている。

過去の例より、同様の場合FIFAが控訴手続きを完了するまで処罰施行の時期を先延ばしにしていた事実を認識している。他の欧州クラブの事例と比べても、今回の判断は一貫性に欠けるものと考えている。

クラブは今後、FIFAからの今回の決断に関する詳細を書面で受け取り、改めて不服申立委員会の決断に関してCASに訴える予定としている。一方で、当面は各種手続きへの全面的な協力を約束する。

チェルシーからその他