分析

データデイ:チェルシー v ディナモ・キエフ

ヨーロッパリーグ、ディナモ・キエフ戦の勝利をデータで振り返ろう…

チェルシーは12本のシュートを放ち、枠内シュートは8本。

ペドロは最多となる5本のシュートを記録。ウィリアンとカラム・ハドソン=オドイはこの試合唯一のシュートでネットを揺らした。

2013年9月にチェルシーへ加入して以降、ウィリアンは直接フリーキックから通算11ゴール。これはプレミアリーグに所属する選手の中で最多の数字だ。

チーム3点目はケパ・アリサバラガのプレーから生まれた。ゴール・リプレイをチェックしよう。

チェルシーは試合を通して60.2%のボール支配率を記録。

パス成功率は90%。前半よりも後半の方がパス成功率が高かった。

スターティングメンバーの中でパス成功率が高かったのはロス・バークリー(97%)、アンドレアス・クリステンセン(97%)、マルコス・アロンソ(96%)、ダヴィデ・ザッパコスタ(94%)だ。

チェルシーは652本中585本のパスを成功。センターバックのクリステンセン(92本成功)、ダヴィド・ルイス(83本)、そしてマテオ・コヴァチッチ(67本)、ザッパコスタ(65本)がチームトップだ。

ダヴィド・ルイスとウィリアンは2本のキーパスを記録。

クリステンセンのボールタッチ数は104回で最多。クリステンセンはクリア数も4回で最多だ。

チェルシーは11回のドリブルを成功。ペドロ、アロンソ、コヴァチッチ、ルベン・ロフタス=チークが2回で最多。

アロンソ、クリステンセン、ダヴィド・ルイス、オリヴィエ・ジルーは空中戦で2回勝利。

アロンソは3回のタックルを成功。ザッパコスタが2回で続いている。

ジョルジーニョとコヴァチッチは2回のインターセプトを記録した。

チェルシーからその他