分析

サッリ:満足してはいけない

マウリツィオ・サッリが3-0で勝利したディナモ・キエフ戦を振り返った。ペドロのパフォーマンスやカラム・ハドソン=オドイの成長を賞賛している。

ペドロとウィリアンがネットを揺らすと、18歳のハドソン=オドイも途中出場からゴールを決めた。

1st legを終えて大きなアドバンテージをつかんだチェルシーだが、サッリはウクライナでの2nd legへ向け気を引き締めている…

「良い結果だ」サッリは話す。「失点をしなかったし、ホームで無失点に抑えることがこの大会では重要だ。前半はより多くのゴールを決めることができたと思うよ」

「気を引き締めないとね。勝ち進むためには、決意を持ってウクライナに向かわなければいけない」

「失点をすれば精神的に難しい状況となる。注意して試合に臨まないと」

マッチレポート:チェルシー 3-0 ディナモ・キエフ

先制点を決めたペドロは多くのチャンスを作った

「素晴らしいパフォーマンスだった。守備の面でもね。2、3点決めることができたかもしれないが、非常に良いパフォーマンスだったよ」

途中出場のハドソン=オドイは今シーズンのヨーロッパリーグで3点目を記録

「彼の力はわかっている。素晴らしい選手だ。18歳でキャリアの頂点に達することはない。22、23歳まで成長を続けられるはずだ」

「メディアやファン、クラブからのプレッシャーを受けずに成長する必要がある。どんな試合でも彼の起用は選択肢にあるよ」

「18歳で重圧を受けるのは選手にとって危険な状況だ。ターゲットを見失ってしまうことがある。18歳の選手にとってターゲットは戦術的、精神的、身体的に成長することだ。だから特別彼について話すことは好きじゃない」

チェルシーからその他