ニュース

クリスチャン・プリシッチが途中出場で勝利に貢献

チェルシーに新加入するクリスチャン・プリシッチが土曜日のドルトムントの試合で途中出場を果たし、1ゴール、1アシストでシュツットガルト相手に3-1の勝利に貢献した

プリシッチは後半、1-1の状況でピッチへ。後半39分にパコ・アルカセルの勝ち越しゴールを演出すると、ロスタイムには試合を決定づける3点目を自ら奪った。

プリシッチは試合が残り11分しかない状況でドルトムントを救った。

しかしドルトムントは勝利したものの、バイエルン・ミュンヘンがヴォルフスブルクに6-0と勝利したため、得失点差で首位を明け渡すこととなった。
 

このゴールはプリシッチがチェルシーと契約してドルトムントにローンバックしてから2ゴール目となった。

プリシッチはホームでのチャンピオンズリーグのトッテナム戦にも途中出場。ドルトムントはトッテナムに敗れ、この大会から去ることとなった。プリシッチは以前、ふくらはぎの怪我により離脱していた。

ドルトムントは次節で、チェルシーに以前所属していたサロモン・カルー擁するヘルタ・ベルリンとアウェーで対戦する。

ドルトムントは2012年ヴォルフルスブルクとのホームでの試合の前にバイエルンと対戦。この年のチャンピオンズリーグでチェルシーはバイエルンに勝利し(この試合がサロモン・カルーのチェルシーでの最後の試合となった)、タイトルを獲得している。ドルトムントはバイエルンに引き分け、目の前でバイエルンの優勝を見届けることとなった。

プリシッチはチェルシーに加わるまでドルトムントでも活躍が期待されている。

 

チェルシーからその他