マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v ウルヴズ - ナンバーズ

今週末はウルヴズと対戦。クラブの専門家ポウル・ダットンが試合をプレビューした…

数字で見るチェルシー

マウリツィオ・サッリ率いるチェルシーは今シーズンのホームゲームで19勝4分2敗という戦績。プレミアリーグで受けたイエローカードは35枚で、これを下回るのはリヴァプール(28枚)だけだ。

ブルーズはリーグ戦ホームゲームここ17戦でわずか1敗(10勝6分)

リーグ戦ホームゲームここ8試合で記録したクリーンシートは6回。失点はわずかに2だ。

昇格組に対し、ブルーズはホームでここ53戦わずか1敗(44勝8分)。敗れたのは2015年12月のボーンマス戦だ。

チェルシーは開幕から5連勝を果たした9月以来となるリーグ戦3連勝を狙う。ホームではここ3戦3勝、合計スコアは9-1だ。

1月に加入したゴンサロ・イグアインはプレミアリーグで5つの枠内シュートを放ち、3ゴール。

ジョルジーニョはリーグ戦で37回のインターセプトを記録。これはブルーズの選手として最多の数字だ。

プレミアリーグ得点者

アザール 12(4 PK)、ペドロ 8、モラタ 5、バークリー 3、イグアイン 3、カンテ 3、ロフタス=チーク 3、ウィリアン 3、ダヴィド・ルイス 2、ジョルジーニョ 2(1 PK)、アロンソ 1、ジルー 1、リュディガー 1、オウンゴール 2

リーグ戦ここまで
ホーム勝ちから:0
ホーム引分から:3
ホーム負けから:4


マイルストーン

ブルーズは次の得点が今シーズンのプレミアリーグ50ゴール目

オリヴィエ・ジルーはディナモ・キエフ戦でチェルシー50試合出場を達成。先制点の起点となった。

数字で見るウルヴズ

創立 1877年(セント・ルークFCとして)

 

主要タイトル

3 チャンピオンシップ 前回1959年
4 FA杯 前回1960年
2 リーグ杯 前回1980年
1 フットボールリーグ・トロフィー 前回1988年
4 FAチャリティ・シールド(3回は共同優勝) 前回1960年

ウルヴズは開幕から29試合で勝ち点43を獲得。これは1979/80シーズンに勝ち点45を獲得して以降、最多のペースとなる。

プレミアリーグではここ7戦1敗。現在は7位に位置している。昇格組が最後にこれ以上の勝ち点を獲得したのは2009/10シーズンのバーミンガム(44ポイント)だ。

ウルヴズは今シーズン、アウェイで16失点。これを下回るのはリヴァプール(8失点)とマンチェスター・シティ(9失点)だけだ。

トップ6とのアウェイゲームで強さを見せるウルヴズ。トッテナムに3-1で勝利すると、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドとは1-1のドローで終えている。マンチェスター・シティには0-3で敗れ、最終節にはリヴァプールとのアウェイゲームが控えている。

ウルヴズは今シーズン、ロンドンで5戦無敗(3勝2分)。最後にトップリーグのクラブとしてロンドンで無敗を続けたのは1972年から1974年にかけての11試合だ。

ラウル・ヒメネスは今シーズンのプレミアリーグで11ゴール。プレミアリーグにおいて単一シーズン最多ゴールを決めたのは2011/12シーズンのスティーヴン・フレッチャー(12ゴール)だ。


監督 ヌーノ・エスピーリト・サント
在任期間:648日
試合数:87
勝利:49
引分:20
負け:18

チェルシー相手のヌーノ・エスピーリト・サント
勝利:1
引分:0
負け:0


 


 

プレミアリーグ得点者

ヒメネス 11(2PK)、ジョタ 6、ボリー 3、カヴァレイロ 3、ドハーティ 3、ネヴェス 3(2PK)、サイス 2、ベネット 1、コスタ 1、デンドンカー 1、ジョニー 1、モウチーニョ 1、トラオレ 1

リーグ戦ここまで

アウェイ勝ちから:2
アウェイ引分から:1
アウェイ負けから:0



 

その他

ライアン・ベネットが累積警告のため出場停止

 

主審

マイケル・オリヴァーがこの試合の笛を吹く。ホームのクリスタルパレス戦、マンチェスター・シティ戦、アウェイでのカラバオ杯トッテナム戦でチェルシーの試合を担当した。

チェルシーからその他