ローン

あっちこっちチェルシー

ローン選手にとっては過密日程の7日間となった…

プレミアリーグではクル・ズマ擁するエヴァートンがニューカッスル相手に2点をリードしたものの、終盤に逆転を許し3-2で敗戦。この試合ではケネディがニューカッスルの一員として途中出場している。

ミシー・バチュアイ擁するクリスタルパレスはブライトンに2-1で敗戦。

ドイツ、ドルトムントのクリスチャン・プリシッチはシュトゥットガルト戦に途中出場。パコ・アルカセルのゴールをアシストすると、終盤には自らネットを揺らした。ドルトムントはバイエルン・ミュンヘンと勝ち点で並び首位に立っている。プリシッチはチャンピオンズリーグのトッテナム戦でも途中出場したが、チームは1-0で敗れた。

フランス、ランスのババ・ラーマンは先制点をアシストするも、チームはディジョンと1-1のドロー。ヴィクトリアン・アングバン擁するメスはル・アーブル相手に2点のビハインドを追いつき2-2のドロー。メスはリーグ2首位をキープしている。

セリエAで7位のアタランタはアウェイでサンプドリアに2-1で勝利。マリオ・パサリッチがアタランタの選手として途中出場した。トリノのオラ・アイナはフロジノーネ戦に途中出場し、チームは2-1で勝利を手にしている。

エールディビジ5位のフィテッセはフェイエノールトと1-1のドロー。エドゥアルドがフィテッセの守護神を務めた。オランダ2部、スパルタ・ロッテルダムのファンカティ・ダボはアイントホーフェン戦に出場し、0-0のドロー。チームは昇格争いに留まっている。

ケネス・オメルオがプレーするラ・リーガのレガネスは月曜日のレヴァンテ戦に1-0で勝利するも、土曜日に行われたアトレティコ・マドリッド戦では1-0で敗れている。

ヴィクター・モーゼス擁するフェネルバフチェは首位イスタンブール・バサクセヒルに2-1で敗戦。パルチザンのダニロ・パンティッチはラドニッキ戦に後半から出場するも、チームは1-0で敗れた。

アトレティコ・ミネイロのナタンはコパ・リベルタドーレス第2グループでセッロ・ポルテノと対戦。チームは1-0で敗れている。

チャンピオンシップ、レディングではマット・ミアズガとルイス・ベイカーがリース・ジェイムズ擁するウィガンと対戦。レディングは89分の時点で2-1とリードを許していたものの、そこから同点に追いつき、追加タイム7分に逆転弾を叩き込んだ。両チームは勝ち点で並び、残留争いに留まっている。

ジェイムズはフィカヨ・トモリ擁するダービー戦にも出場したが、ウィガンは2-1で敗戦。ダービーはマイケル・ヘクター擁するシェフィールド・ウェンズデイとも対戦したが、こちらは1-1のドローに終わっている。

ブリストルではジェイ・ダシルヴァとトマス・カラスが先発出場するも、リーズに1-0で敗戦。ケイシー・パルマーがブリストルの選手として途中出場し、リーズのイザイア・ブラウンには出場機会がなかった。この試合唯一のゴールを決めたのは元チェルシーのパトリック・バンフォードだ。

トッド・ケインが出場したハルはノッティンガム・フォレストに3-0で敗戦。

タミー・エイブラハム擁するアストンヴィラはバーミンガムとのダービーマッチに1-0で勝利。この試合ではジャック・グリーリッシュがピッチ上でファンからの襲撃に遭ったが、その後グリーリッシュ自身がネットを揺らしている。エイブラハムにも得点のチャンスがあった。アストンヴィラはチャンピオンシップ9位だ。

リーグ・ワン、バートンのブラッドリー・コリンズは10人のコヴェントリーを2-1で下し、5試合ぶりの勝利。コヴェントリーではデュジョン・スターリングが出場していた。

ヨーヴィルのGKネイサン・バクスターはいくつかのセーブを見せたものの、リンカーンに1-0で敗れた。ジョシュ・グラントもヨーヴィルの選手としてスタメン入りしている。チェルトナムのジェイコブ・マッドックスはバリー戦に出場し1-1のドロー、続くノッツ・カウンティ戦は4-1で勝利を手にしている。

チェルシーからその他