分析

データデイ:チェルシー v ウルヴズ

昨日の試合ではチェルシーがウルヴズ相手に難しい試合を強いられたことがデータからも分かった...

マウリツィオ・サッリは昨日チェルシーが記録した計1048タッチが今シーズンのプレミアリーグで3番目に多い数字であった事を嘆いた。8月のアウェイでのニューカッスル戦では1099、11月のクリスタルパレス戦では1061タッチであった。

チェルシーは75.8%のポゼッションを記録し、820本のうち741本のパスを成功させるなど90%の成功率を誇った。

ダヴィド・ルイスは最多となるパスを成功️(104本)。続いてエメルソン(93本)、アントニオ・リュディガーが(91本)となっている。

ウィリアンとペドロは3本のキーパスを出し、エデン・アザール、エメルソン・パルミエリ、エンゴロ・カンテが2本のキーパスを成功させた。

ヒートマップ、タッチマップは下から

ブルーズは22本のシュートを放ち、6本は枠へ、14本は相手にブロックされた。

ゴンサロ・イグアインが両チーム最多の6本のシュート。セサル・アスピリクエタ 、リュディガーが3本のシュートを記録した。

アザールのゴールは今シーズンのプレミアリーグでの50ゴール目となった。

ウルヴズは2本のシュートを放ち、その内1本はゴールとなり残りは試合の最後のプレーとなった。

チェルシーの選手のドリブル成功率は59%。エメルソンが試合最多の6回のドリブルを成功させ、続いてアザールが5回、ルベン・ロフタス=チークが3回ドリブルを成功。

ウルヴズは空中戦で58%の勝率。38本のタックル、47回のクリア(チェルシーは0)となっている。そして25回のインターセプトを記録した。

デンドンカーは試合で最も多いタックル、(8回)そしてインターセプト(5回)を記録。一方のウィリー・ボリーはこの試合最多の10回のクリアを記録。

チェルシーからその他