インターナショナル

カラム・ハドソン=オドイがU21イングランド代表に選出

カラム・ハドソン=オドイは今シーズンチェルシーで見事な活躍を見せているが、今月末にポーランド、ドイツとの親善試合に向け、U21のイングランド代表に選出された。

若きFWはマウリツィオ・サッリの下16試合に出場し、ヨーロッパリーグで3得点、FA杯でのシェフィルード・ウェンズデイ戦では1得点を奪っている。

彼はこれまでイングランド代表のU16、U19にも選出されており、2017年のインドで行われたW杯ではU17の代表として優勝。この大会でハドソン=オドイは全試合に出場し、決勝のスペイン戦をでの2アシストを含め3アシストを記録している。またU18の代表としてもFAユース杯、U18プレミアリーグ制覇にも貢献している。

ハドソン=オドイはチェルシーアカデミーを卒業したタミー・エイブラハム、ジェイ・ダシルバ、ジェイク・クラーク=ソルター、フィカヨ・トモリとともに代表入りし、このメンバーは11月のイタリア、デンマーク戦でも勝利を挙げている。

イングランド代表はユーロのU21に向け準備を進めており、この大会は6月イタリアのサン・シーロで行われる。イングランド代表はグループCに入り、フランス、ルーマニア、クロアチアと対戦する。

ブリストル・シティのホームであるアシュトン・ゲートで3月21日にポーランド代表と対戦し、その数日後にヴァイタリティ・スタジアムでドイツ代表と対戦する。チェルシーの選手の代表での活躍は公式サイトでチェック。 

チェルシーからその他