ニュース

メディアウォッチ:ディナモ監督が攻撃的プレーを明言、ランパードがハドソン=オドイについて言及、ダヴィド・ルイスが契約延長についてコメント

チェルシーに関するメディアの情報をチェック。ディナモ・キエフのアレクサンドル・ハツケヴィッチ監督が攻撃的なプレーを明言、フランク・ランパードがカラム・ハドソン=オドイについて言及、ダヴィド・ルイスがチェルシーとの契約についてコメントした。

紹介するのは外部メディアの情報で、チェルシーフットボールの意見や表明ではありません。

攻撃的なアプローチを明言したディナモ・キエフ

ディナモ・キエフのアレクサンドル・ハツケヴィッチ監督はヨーロッパリーグ準々決勝進出には'奇跡'が必要とコメント。ウクライナでの第2戦は攻撃的な姿勢を貫くとした。

「もちろんプランはある。より攻撃的に戦って、3-0のスコアをひっくり返さないとね」とThe Press Associationにコメント。

「早々にゴールが欲しいね。フットボールに奇跡は付き物。明日がそうなる可能性もあるだろう?」

「第1戦の結果、前に出ざるを得なくなった」

一方でディナモ・キエフのキャプテン、セルヒー・シドルチュクはホームの利について言及した。

「ファンのためにも、いい試合を見せたい」と話すシドルチュク。

ディナモはベンヤミン・ヴェルビッチを欠いたまま。第1戦は累積警告、今回は体調不良だ。

「明日の試合に出られないのは残念だ」とツイートしたヴェルビッチ。「今週ずっと体調を崩したまま回復に努めたが、難しい。スタジアムには応援に行くよ」

ハドソン=オドイについてランパードがコメント

TalkSportによれば、フランク・ランパードがカラム・ハドソン=オドイについてチェルシーに残って成長するべきだとコメントしている。

「まずはチェルシーに残ってほしいね」と話すランパード。「イングランドU21代表入りも間違いないだろう」

「だがポジション争いに勝つにはいろいろなことが必要だ。日々どれだけ努力しているかは知らないが、チェルシーでの基準を満たす必要がある」

「ピッチに立てば全力を出し切らないといけない。チェルシーファンももっとプレーを見たいと思っているだろう。だからこそ何ができるかを証明しないとね」

「シーズンが終われば自分自身でも振り返るはずだ。チェルシーであれだけ若いイングランドの選手が活躍できて、契約延長まで出るのはすごい話だよ」

「是非ともチェルシー残留で合意してほしいね」

新契約に前向きなルイス

Evening Standardによれば、ダヴィド・ルイスは今夏に切れるチェルシーとの契約延長に前向きなようだ。

昨シーズンは怪我で欠場が多かったダヴィド・ルイスだが、今シーズンはここまで34試合にスタメン出場。1年の契約延長も近いと囁かれている。

また自身もこの話題については「そうだね。クラブと話をしている」とコメントしたと報じている。

「このクラブを愛しているのは皆分かっていると思う。ここで幸せだし、自分のやるべきことが出来ていると思う。あとは時間の問題かな」

「世界で最高の仕事をしている。それだけで毎日モチベーションには欠かないよ。フットボールが大好きなんだ。そうじゃない日が来たら、それは引退の時だね」

ドリンクウォーターがイタリアへ

Calcio Mercatoによれば、ダニー・ドリンクウォーターはクラウディオ・ラニエリの監督就任に伴いローマへの移籍の可能性があったようだ。

かつてはレスターで一緒に2015/16シーズンのプレミアリーグを制したふたり。ローマで獲得の打診をしたと報じられている。

今シーズンは出番のないドリンクウォーターだが、ラニエリはダニエレ・デ・ロッシの後釜として候補に挙げているようだ。

チェルシーからその他