マッチプレビュー

マッチプレビュー:チェルシー v ディナモ・キエフ - トーキングポイント

ディナモ・キエフとの2nd legをクラブの専門家リック・グランヴィルとポウル・ダットンがプレビューしてくれた…

トーキングポイント


今シーズンのヨーロッパリーグで最も多くの勝利を挙げているチェルシー。さらに同大会ではここ12戦無敗だ。ディナモ・キエフとの1st legを3-0で終え、今夜は敵地に2nd legをプレーする。

ホームでの1st legを勝利した過去15回中11回で次のラウンドへ進出しているチェルシー。アウェイゴールルールのため、今夜チェルシーがネットを揺らせばキエフは最低でも5ゴールが必要となる。ブルーズはヨーロッパリーグここ9戦でわずか4失点だ。

今シーズンのヨーロッパリーグにおいて、アウェイ無敗はフランクフルト(6試合)とチェルシー(5戦4勝1分)のみ。

ヨーロッパリーグのノックアウトステージ1st legで3点以上を決めたチームの90%は次のラウンドへと進んでいる(81チーム中73チーム)

photo of キースタッツ キースタッツ

ウルヴズ戦ではエデン・アザールが終了間際にネットを揺らし、勝ち点1を手にしたブルーズ。スタンフォードブリッジでの1st legを3-0で落としたディナモ・キエフは国内リーグでアーセナル・キエフ相手に4-0と勝利を手にした。

先週末のキエフダービーを訪れたのはわずかに6,868人。これは70,000人収容のオリンピック・スタジアムの平均観客数の半分ほどという数字だ。

2015/16シーズンにチャンピオンズリーグのグループステージでチェルシーが訪れた試合では史上6番目に多くの観客を集めたオリンピック・スタジアム。今夜はそれを超える数字が期待される。

(データは2011年の改修以降)

ディナモはホームで強さを見せるものの、国内リーグでは2敗、ヨーロッパリーグでもチェコのヤブロネクに敗れている。

昨シーズンはラウンド16でラツィオに敗れたディナモ・キエフ。ローマでは2-2のドローに終えたが、ホームで0-2の敗戦を喫した。キエフを最後に訪れたイングランド勢は2015/16シーズンのチャンピオンズリーグラウンド16、マンチェスター・シティだ。この試合はシティが3-1で勝利している。

チェルシーが準々決勝進出した場合、準々決勝と準決勝の組み合わせ抽選は金曜日に行われる。シードはなし。同国対決の実現もありうる。決勝でホーム側のベンチに座るチームも、この抽選で決定される。

オリヴィエ・ジルーは次の試合でヨーロッパ通算50試合出場を達成。ジルーは現在ヨーロッパリーグ得点ランク3位につけている。

ヨーロッパリーグ得点王

ウィッサム・ベン・イェデル(セヴィージャ)7
ムナス・ダブール(ザルツブルグ)7
オリヴィエ・ジルー(チェルシー)6
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)6
ジオヴァニ・ロ・セルソ(レアル・ベティス)5

 

ヨーロッパリーグアシスト王

イゴール・スタセヴィッチ(BATE)7
ウィリアン(チェルシー)5
アンドレアス・ウルマー(ザルツブルグ)4
ミヤト・ガシノヴィッチ(フランクフルト)4
ヴィクトル・ツィガンコフ(ディナモ・キエフ)4


 


今夜起こりうること…

クラブ史上17回目となるヨーロッパのトップ8入りを果たす

チェルシーからその他