マッチレポート

マッチレポート:ディナモ・キエフ 0-5 チェルシー(2試合合計0-8)

オリヴィエ・ジルーのハットトリックもあり、快勝でヨーロッパリーグ準々決勝進出を決めている。

準々決勝の組み合わせ抽選会は金曜開催。日曜日のエヴァートン戦に向けて、弾みのつく勝利としている。

チェルシーのスタメン

第1戦を3-0で折り返していたマウリツィオ・サッリは、日曜日のリーグ戦を見据えて主力を温存。一方でルベン・ロフタス=チーク、カラム・ハドソン=オドイがスタメンに起用されている。

試合は開始早々、ジルーの先制点で幕開け。

ウィリアンのコーナーをロフタス=チークがそらすと、最後はジルーがゴール前に詰めてネットを揺らしている。

先制点のジルー

これで合計4-0とし、アウェイゴールも奪ったチェルシー。突破は早々に現実的なものとなった。

さらにマルコス・アロンソがロフタス=チークからのパスを受けてクロス、これにジルーが足を伸ばして追加点。大会8点目を記録する。

前半終了間際にはハドソン=オドイが右サイドからチャンスを作り、最後はアロンソ。さらに差を広げる。

追加点のアロンソ

1時間経過の場面ではジルーがハットトリックを達成。ウィリアンのクロスに合わせて左足、右足、頭のパーフェクトハットトリックとしている。

ハットトリックのジルーと、アシストのウィリアン

続いてジルーはアシストも記録。今度は走り込んだハドソン=オドイがダメ押しゴール。

余裕の展開でベスト8進出としている。

ウクライナでもウィリアンが躍動

ディナモ・キエフ(4-2-3-1)ボイコ;ケンジオラ、ブルダ、カーダール、ミコレンコ;シドルチュク (c) (チチェ 65)、シェペレフ (アンドリイェフスキ87);ツィハンコフ、シャエパレンコ、シジクレイ (スミルニー 81);ハルマシュ

控え:ブシチャン、ブエノ、シャバノフ、アリベコフ

チェルシー(4-3-3):アリサバラガ;ザッパコスタ (アスピリクエタ 69)、クリステンセン、リュディガー、アロンソ;カンテ (ジョルジーニョ 65)、コヴァチッチ、ロフタス=チーク;ハドソン=オドイ、ジルー、ウィリアン (c) (ペドロ 74)

控え :カバジェロ、ダヴィド・ルイス、バークリー、アザール

得点 ジルー 5, 33, 59、アロンソ 45+1、ハドソン=オドイ 78

警告 アスピリクエタ 73

主審 トビアス・シュティエラー (ドイツ)

観客数 64,830人

チェルシーからその他