ニュース

マット・ミアズガがプリシッチについてコメント

マット・ミアズガが今夏チェルシーに加入するクリスチャン・プリシッチが大きな成功を収めるだろうとコメント。

アメリカ出身の両選手は現在ローン移籍中。プリシッチはチェルシーと契約後そのままシーズンの終わりまでドルトムントにローン移籍し、ミアズガはフランスのナントからレディングへとローン移籍している。

また、ミアズガとプリシッチは今月末の代表戦でもエクアドルと、チリとの対戦に挑む予定だ。ミアズガはプリシッチがスタンフォードブリッジで大きなインパクトを残せると話した。

「彼はワールドクラスの才能の持ち主だ」とミアズガは語った。「あんなに若くしてブンデスリーガでプレーしている。今シーズン怪我が多く、苦しいシーズンを過ごしているけれど、彼の才能はみんな知っているよ。彼は素晴らしい選手だ」

「狭いスペースでも上手くボールを扱うことができる。アメリカ出身の選手であれが出来るのはそうはいないよ。あのレベルのテクニックを持って、状況を打開し決定機を演出することができる」

「プレーからもわかると思うけど、彼は決定機を演出することができる。ウィングのポジションで対峙するDFは厄介だと思っているだろうね。プリシッチは1対1でスピードとテクニックで相手を置き去りにするんだ。チェルシーは最高の選手を獲得したと思うよ。多くのことをもたらしてくれるはずだ。特に1対1ではね」

 

ミアズガはアメリカ出身の選手が欧州でプレーすることでの刺激があるとした

「(クリスチャンは)ワールドクラスの選手だ。来シーズンチェルシーで活躍して1つのモデルになってもらいたいね。そしてチームを助けてほしい。アメリカ出身の若い選手が欧州でプレーするのを見るのはとてもいいことだよ。特に、ブンデスリーガ、プレミアリーグ、オランダリーグ、チャンピオンシップでね」

「このような移籍は自信を与えてくれる。アメリカ出身の選手にとってビッグクラブでプレーすることは多くのお金を得ることにもつながる。これはいい事だ。アメリカでプレーする選手が刺激を受けてもっとステップアップすることができる。これから多くの選手が彼の後に続いてくれることを願うよ」

代表戦について

ミアズガはプリシッチがチェルシーと契約したことについては本人と話していないという。代表戦でそのことを話すのを楽しみにしているようだ。

「代表でこの移籍のことについて話したいね」とミアズガはコメント。「どんな質問にも答えるつもりだよ。ここ最近の彼は順調みたいだ」

「チェルシーは世界の中でもトップのクラブだ。アメリカ出身の選手として初めてここに来た時、たくさんのメディアがいた。プリシッチは多くのお金を稼ぐ選手になると思うよ。たくさんの注目を浴びるはずだ」

「これはアメリカにとって良いことだ。関心が集まるからね。自国のリーグを盛り上げたいし、才能ある選手が欧州で世界でも有名な選手と戦って活躍してほしいんだ。これが新しい世代の選手が目指していることなんだ」

 

チェルシーからその他