分析

データデイ:ディナモ・キエフ v チェルシー

ヨーロッパリーグではディナモ・キエフに敵地で快勝。この試合をデータで振り返ろう…

オリヴィエ・ジルーは最多となる6本のシュートでハットトリックを達成。マルコス・アロンソは3本のシュートを放ち、2本が枠内へ。アロンソのゴールは8月のアーセナル戦で決めた決勝点以来だ。

チェルシーは14本のシュートを放ち、枠内シュートは8本。5ゴールを決めた。

チェルシーのボール支配率は62.6%。624本のパスを出し、557本を成功させた。パス成功率は89%だ。

アントニオ・リュディガーはチーム最多となる89本のパスを記録。アンドレアス・クリステンセン(77本)、マルコス・アロンソ(65本)が続く。リュディガーはボールタッチ数も108回と最多だ。

キャプテンを務めたウィリアンは5本のキーパスを記録。ジルー、アロンソ、カラム・ハドソン=オドイは2本ずつを記録している。

ウィリアンは今シーズンのヨーロッパリーグで2位となる6アシストを記録。

 

7本のコーナーキックのうち、チェルシーの選手に合わされたのは5本(71%)。ルベン・ロフタス=チークのヘディングからジルーの先制点が生まれた。チェルシーの3点目もコーナーキックが起点となっている。

ロフタス=チークは試合最多となる6回のドリブル突破を記録。ウィリアンが5回、ハドソン=オドイが4回で続いた。

空中戦ではジルーとクリステンセンが2度ずつ勝利。クリステンセンは3回のクリアと2回のインターセプトを記録しており、どちらもチェルシートップの数字だ。

マテオ・コヴァチッチは5回のタックルに成功した。

チェルシーからその他