マッチプレビュー

マッチプレビュー:エヴァートン v チェルシー - トーキングポイント

今週末はブルーズとトフィーズが激突。クラブの専門家リック・グランヴィルとポウル・ダットンがグディソン・パークでの一戦をプレビューしてくれた…

トーキングポイント

今週末のリーグ戦は5試合のみ。マンチェスター・ユナイテッドはウルヴズとFA杯で対戦。アーセナルとトッテナムのリーグ戦は延期されている。

ディナモ・キエフ戦でUEFA杯とヨーロッパリーグにおけるアウェイ最多得点勝利を記録したチェルシー。エヴァートンに勝利すればアーセナルと勝ち点で並び(得失点差はアーセナルが5上回っている)、マンチェスター・ユナイテッドには2ポイント差をつけることができる。

エヴァートンはリーグ戦ここ8試合で1勝3分4敗。チェルシーはエヴァートン戦ここ10試合6勝だ。

ここ2試合はスコアレスドローに終わっているものの、チェルシーはエヴァートン相手に通算285ゴールを決めている。これは全ての対戦相手の中で最多の数字だ。

チェルシーの対戦相手別通算ゴール数

エヴァートン 285
アーセナル 256
トッテナム 254
ニューカッスル 253
リヴァプール 248
 

チェルシーはヨーロッパリーグ後に行われた日曜日のリーグ戦において過去7戦無敗(アウェイ4戦、ホーム3戦)、12得点2失点という内容だ

photo of キースタッツ キースタッツ

ヨーロッパリーグ後に充分な回復時間を求めるマウリツィオ・サッリ。ディナモ・キエフ戦の試合終了からエヴァートン戦キックオフまではわずかに68時間だ。

イタリアではミッドウィークにUEFA主催の試合がある場合、週末の試合は日曜日の遅い時間か月曜日に行われる。今週末、ナポリは日曜午後5時、インテルは午後7時30分キックオフだ。

一方、ブルーズはこうした状況にも結果を残している。

ヨーロッパリーグ直後のリーグ戦

ウェストハム A          分 0-0
サウサンプトン A     勝 3-0
バーンリー A               勝 4-0
エヴァートン H              分 0-0
フルハム H              勝 2-0
ブライトン A             勝 2-1
ウルヴズ H               分 1-1
 

UEFA主催大会ではイングランド勢の6チームが準々決勝に進出。これはチェルシーが再試合の末にレアル・マドリッドを下し、カップウィナーズ杯を制覇した1970/71シーズン以来のことだ。

ヨーロッパリーグ準々決勝の対戦相手はスラヴィア・プラハ。プラハは同大会を5度制覇しているセヴィージャを終了間際のゴールで下した。

プラハの本拠地エデン・アリーナは20,800人を収容。プラハは今シーズンのチャンピオンズリーグ予選でディナモ・キエフに敗れていた。

プラハのチーム得点王は元ブルーズのミロスラヴ・ストフ。1st legはチェコで、2nd legはスタンフォードブリッジで行われる。

勝ち進んだ場合、準決勝ではベンフィカとフランクフルトの勝者と対戦。チェルシーとプラハはいずれのチームとも公式戦での対戦経験がない。

マウリツィオ・サッリが監督を務めていたナポリと対戦、あるいは元ブルーズでレジェンドのペトル・チェフと再会するためには両者が5月29日、バクーで行われる決勝まで駒を進める必要がある。

ディナモ・キエフ戦ではオリヴィエ・ジルーが左足、右足、頭でネットを揺らし「パーフェクト・ハットトリック」を達成。ヨーロッパの舞台でこれを達成したのは1977/78シーズンのカップウィナーズ杯、ジャンルカ・ヴィアッリが7-1と勝利したトロムソ戦以来のことだ。

ヨーロッパの舞台でハットトリックを達成したチェルシーの選手はジルーを含めてわずかに7人。BATE戦ではルベン・ロフタス=チークがハットトリックを記録した。

18歳のハドソン=オドイはディナモ・キエフ戦でもネットを揺らし、マルコス・アロンソには8月以来のゴールが生まれた。ハドソン=オドイはヨーロッパリーグにおいて68.8分に1度ゴールに絡んでいる(4ゴール、2アシスト)

今週末起こりうること…

4位浮上

チェルシーからその他