ニュース

元チェルシーのマイケル・エシエンがバクーへ

マイケル・エシエンの新天地はアゼルバイジャン勢のサバイルFKだ。

2005年にチェルシーへ加入したエシエンは36歳。256試合に出場し、多くのタイトル獲得に貢献。1年前にはインドネシアへと拠点を移していた。

エシエンは3年前に創設され、現在国内リーグ3位のサバイルFKへ加入。2020年5月までの契約を結び、チームのU19チームで指導にも関わる。

「3年前にもここに来た」エシエンは話す。「クラブと今回のプロジェクトについて話したよ。自分もそれに興味があったんだ」
「以前と変わった部分もあるね。面白そうだし、ワクワクしているよ」

エシエンはチェルシー時代に2度のプレミアリーグ制覇、2度のFA杯制覇、そしてリーグ杯制覇に貢献。2012年のチャンピオンズリーグ決勝戦ではベンチ入りしていた。

エシエンはアーセナルやバルセロナを相手に決めた強烈な一撃でクラブの年間最優秀ゴール賞を2度受賞している。

エシエンはフランス、スペイン、イタリア、ギリシャでもプレーし、ガーナ代表では50試合以上に出場。2006年のドイツW杯では母国をアフリカ勢唯一のノックアウトステージ進出へと導いた。その2年後に行われたアフリカネイションズ杯では大会ベストイレブンにも選出されている。

エシエンは昨年5月にスタンフォードブリッジで行われたチェルシーレジェンドマッチにも出場した。

チェルシーからその他