分析

データデイ:エヴァートン v チェルシー

昨日のプレミアリーグエヴァートン戦をデータで見ていこう...

チェルシーは16本のシュートを放ち、エヴァートンは15本のシュートを放った。前半に限ってみると、エヴァートンは僅か3本️(枠内シュートは1本)、チェルシーは10本(枠内シュートが3本で、4本がブロックされた)。

ホームチームのエヴァートンは後半に2ゴールを奪ったが、後半だけで7本の枠内シュートを放った。ジョーダン・ピックフォードは2本のセーブを見せた。

またエヴァートンの放った12本のシュートはエリア内から放たれたもので、チェルシーは9本であった。

ゴンサロ・イグアイン、エデン・アザール、ロス・バークリーはそれぞれ3本のシュート、エヴァートンのリチャルリソン、ドミニク・キャルバート・ルーウィンも3本のシュートを放った。

そしてブルーズは67.4%を誇り、53%のエリアを支配した。

チェルシーの665本のパスの内正確に渡ったのは560本。84%の成功率であった。エヴァートンは73%。

しかしエヴァートンが後半4分に先制すると、エヴァートンの支配率は52%であった。またパスの成功率でもチェルシーが74%だったのに対し、79%であった。またこの時間だけで4本の枠内シュートを放った。

90分間でアントニオ・リュディガーが73本、ダヴィド・ルイスが72本、エンゴロ・カンテが67本のパスを通した。

アザール、イグアインがそれぞれ2本のキーパスを通し、エヴァートンのギルフィン・シグルズソン、リュカ・ディニュが3本のMVPを記録した。

ペドロが5回中5回の対人戦を制した。この数字はゲーム最多となっている。またアザール、カンテはこれに続いて3回となっている。

キャルバート=ルーウィンは空中戦ではブルーズの脅威となったが、後半のエヴァートンのリチャルソンの先制点の前にヘディングのシュートを放っていたのは彼であった。 結局7回の空中戦に勝利し、ピッチ上で最も多い数字を記録した。

マルコス・アロンソは9回の、ジョルジーニョは7回のタックルを成功させた。アロンソの4回のクリアはチェルシーの選手の中で最多の数字だ。またジョルジーニョの4回のインターセプトもチェルシー最多となっている。

チェルシーからその他