ニュース

メディアウォッチ:チェルシーの4選手を挙げたギャリー・ネヴィル、チェルシーのレジェンドを賞賛し、懐かしむロビン・ファン・ペルシー

チェルシーに関するメディアの情報をチェック。ギャリー・ネヴィルが現役時代に対戦したチェルシーと今のチェルシーを比較した。なにがランパードを偉大な選手にしたのかを話したロビン・ファン・ペルシー、中国の天津天海足球倶楽部の退団を発表したアレシャンドレ・パト

紹介するのは外部メディアの情報で、チェルシーフットボールの意見や表明ではありません。

チェルシーに在籍した4人のタレントを懐かしく思うネヴィル

The Daily Star(英語) によると、Sky Sportsの解説者を務めるギャリー・ネヴィルは自身が現役時代に対戦した時のような冷静さがチェルシーには足りないと考えているようだ。

日曜日に黒星を喫したエヴァートン戦、チェルシーは前半に試合を支配し、エヴァートンを自陣へと追い込んでいた。ネヴィルは「もしチェルシーが勝利しているとしたら、前半のうちに2ゴールは奪っていただろうね。前半のチェルシーのプレーを見れればどれだけ彼らが素晴らしい試合運びをしていたが分かるよ」

「チェルシーは負けを喫した。彼らの見せ場はそれほど多くなく、受動的だった。彼ら本来の姿ではないよ。何かアクションを起こすことが出来ていたら前半を無得点で終えずに2、3点奪えていたね」

「ロマン・アブラモヴィッチ政権下のチェルシーはここ15年を通して何年かは良いパフォーマンスを披露できていない。栄光を築いた時代のチェルシーは敵陣自陣のボックス内両方で冷静さを保っていたよ」

「(ジョン・)テリー、(ディディエ・)ドログバ、(リカルド・)カルバーリョのようなタイプの選手がいたんだ。ディエゴ・コスタもそうだったね」

「今のチェルシーにはなにかが不足している。チーム自体は成長もしているし、昔に比べて多くのパスを使うようになったね。加えて、キーパーにボールが入ると両センターバックはタッチライン際まで位置を取るんだ。自分たちの時代には見たことがないよ」 

「チェルシーは後ろから組み立て、ダイレクトパスも多用し、それらを見事に併用している。加えて、とてもアグレッシブだしフィジカルコンタクトも得意なんだ。類をみないチームだよ」

ランパードの中盤としての視野を賞賛するファン・ペルシー

かつてアーセナル、マンチェスター・ユナイテッドでもプレーした経験を持つロビン・ファン・ペルシーが自身の現役時代で最も素晴らしいミッドフィルダーだとフランク・ランパードを絶賛。ランパードはチェルシーのレジェンドの1人であり、選手として自身のポテンシャルを証明して見せた。    

ファン・ペルシーはチェルシーと対戦した際、ランパードの視野の広さに感銘を受けたとThe Mirror(英語)が報道。

「ピッチ上でのフランク・ランパードは人々を魅了するものを持っていたんだ」と話したファン・ペルシー。そのファン・ペルシーは自身がキャリアをスタートさせたフェイエノールトへと復帰し、プレーを続けている。 

「次に何が起こるのかを予測してプレーしている選手は以前にも顔合わせしたことがあるね。それがルカ・モドリッチだ。彼は素晴らしい選手だった。でも自分にとってのナンバー1はフランクだよ」

「ある指導者がフランクを観察したデータによると、フランクは90分間で1,000回にわたってピッチ全体を見ていると聞いたよ。それを聞いて、自分ももっと周りを見なければいけないと感じたんだ」

「ほとんどの選手は自分がボールを受ける際、ボールをコントロールする時間を必要とする。彼らの目線は足元へと数秒下がる。それからまた顔をあげるんだ。その時点で致命的となる2秒を失っていることになる」

「トップクラスの選手らと対戦する時、十分なスペースと時間を確保することは至難の技だ。試合を通してスピーディーにプレーすることが必要になってくる。そのことが相手チームに衝撃を与えることになるね」

天津を旅立つパト

Reuters(英語)によると、チェルシーでもプレーしていたパトは天津天海足球倶楽部を退団し、母国であるブラジルへ復帰するとのこと。

現在29歳のパトは2016年にローンでチェルシーに加入し1シーズンを過ごした。その後天津天海足球倶楽部で2シーズンに渡ってプレーし、36ゴールをマーク。昨年にはAFCチャンピオンズリーグ準々決勝まで進出した。

しかし、Quanjian Groupのオーナであるユー・シューイがグループ内での違反を犯したため、クラブは新たなオーナーを迎えることに。結果としてパトは天津天海足球倶楽部を離れることとなった。

「みんなに中国での冒険が終わったことを伝えたい」とパトは自身のインスタグラムを通して報告した。

「中国で過ごしたこの2年間はとても幸せだったし、新鮮だった。中国が自分を1人の男として成長させてくれたことは確かだ。文化の違い、生活をこの素晴らしい国で学ぶことが出来たよ」

「自分のフットボールに対する情熱を共有出来たこと、中国サッカーに貢献出来たこと、そして自分のゴールでチームをクラブ史上初となるアジアチャンピオンズリーグに出場させられたことはとても光栄なことだよ」

「この2年間に中国で出会えた自分のクラブ、チームメイト、監督、クラブに携わった全ての人、いつも自分を支えてくれたサポーター、中国の素晴らしい人たちみんなに感謝したい」    

チェルシーからその他