インターナショナル

カラム・ハドソン=オドイがフル代表デビュー、オリヴィエ・ジルーがゴール

5-0でチェコ代表を下したイングランド代表から、カラム・ハドソン=オドイがクラブ最年少となるフル代表デビューを飾った。またオリヴィエ・ジルーは代表34ゴール目を記録しフランス代表の勝利に貢献している。

18歳のハドソン=オドイは、残り20分の場面でイングランド代表デビューを達成。グレン・ジョンソン、レイ・ウィルキンス、ジミー・グリーヴズなどといった先輩たち の記録を更新した。

今シーズンはチェルシーで19試合5ゴールを記録しているハドソン=オドイ。3月には初めてのU21代表招集を受けたが、月曜日になってフル代表へ昇格。シュートがトマス・カラスのオウンゴールを誘っている。

終盤には痛める場面があるも、プレー続行。快勝を祝っている。

序盤こそスロースタートだったイングランドだが、17分にエリック・ダイアーが負傷しロス・バークリーが投入されると攻撃が活性化。前線3人が躍動し、ラヒーム・スターリングが先制点を記録する。

前半終了間際にはスターリングがPKを獲得し、ハリー・ケインが追加点。

フル出場となったカラスもセットプレーからチャンスを演出するも、イングランドがスターリングのゴールで再び追加点とする。

さらにバークリーが深い位置からスターリングへボールを出すと、左サイドから切り込んでのシュートがパヴレンカに当たりディフレクトして4-0。

70分、ハドソン=オドイが交代で前線3枚の左に入る。

するとすぐさまドリブルからシュート、これはセーブされるもオウンゴールを呼び込んで5点目。ギャレス・サウスゲイト率いるチームは勢いに乗ったまま。月曜日のモンテネグロ戦を控える。

W杯王者フランスはモルドヴァ相手に前半だけで3点のリードを奪う。36分にはジルーがネットを揺らしている。

ポウル・ポグバとコンビを組んだエンゴロ・カンテはフル出場。試合は4-1で終え、ジルーは81分にベンチへ退いている。クル・ズマはベンチにとどまった。

ナイジェリア代表のケネス・オメルオはフル出場。ネイションズカップ予選を戦いセーシェルを3-1で下しているものの、すでに本戦出場は決めている。4月12日、グループステージの組み合わせ抽選会が行われる。

オラ・アイナは怪我で欠場。ヴィクター・モーゼスは代表引退を表明している

U21からはジェアド・トンプソンが北アイルランド代表を救うセーブを連発、ブルガリアを1-0で下し4連勝。次戦は月曜日、メキシコ代表が相手だ。

チェルシーからその他