分析

ジョー・コールがカラム・ハドソン=オドイを称賛

ジョー・コールがカラム・ハドソン=オドイを称賛。18歳の彼が昨夜イングランドの先発デビューを飾ったのはなんの驚きもないと語った。

コールはITVに出演し、モンテネグロを5-1で下したイングランドの戦いぶり、またチェルシーに所属する2選手に注目した。またイングランド代表はEURO 2020に向け最高のスタートを切った。

コールはクラブや代表でのプレー経験からウィングでのプレーについてコメント。また、ハドソン=オドイの脅威となった点も説明した。

「アメリカから帰ってきたときカラムとよくトレーニングしたよ」とコールはコメント。

「チェルシーのU18と共にトレーニングできたのはとてもラッキーだったね。そして最初にトレーニングしたのがカラムだったんだ。なかなか彼を止められなかった。トップで活躍するような年齢の選手が足を伸ばして止めようとしても、彼のペースは独特だし、パワーもすごいからなかなか止められないと思うよ」

「もしカラムが右サイドでボールを持ったら相当なDFじゃないと止めるのは難しいだろうね」

「モンテネグロとの前半の彼のミスは学ぶべきものだ。18歳の選手にはあることだよ。彼は力もあるし、独特なペースも持っているし、怖いもの知らずだ。今でも素晴らしい選手だがもっともっとよくなることだってできる。これからどんどんよくなっていくのを期待したいね」

ハドソン=オドイは惜しくもゴールを決めることはできなかったものの、2点目のバークリーのゴールをアシスト。バークリーは後半にもこの日2点目となるゴールを奪った。また彼はモンテネグロ、チェコ戦でもアシストを記録している。 

「彼にはテクニックがあるし、体も大きい。フィジカルもいいしこれからはそれらを合わせていくのが大事だね」とコールはバークリーについてコメント。

「イングランドで彼は見事なプレーを見せた。チェルシーでも成長を感じる。これから世界屈指のMFになることだってできるよ」

記事:2ゴールのバークリーがハドソン=オドイを称賛

バークリーはオドイの放ったシュートに触りゴール。

「振り返っていないから分からないけど彼のゴールを奪ってしまったようで少し申し訳ないよ」とバークリーはコメント。

「彼はアシストも記録したしいいパフォーマンスに満足しているみたいだった。これからが楽しみだよ」

チェルシーからその他