インターナショナル

ゴンサロ・イグアインがアルゼンチン代表引退を表明

ゴンサロ・イグアインが、アルゼンチン代表からの引退を表明した。

木曜日に代表引退を表明したイグアイン。75試合31ゴールで幕を下ろし、今後はブルーズでのキャリアに専念する。

31歳のイグアインは2009年10月のW杯予選ペルー戦でデビューしゴールも記録。最後に出場したのは昨夏のW杯で、ナイジェリアに2-1で勝利した試合だった。

今回の表明において、イグアインは次のようにコメント。「アルゼンチン代表での時間はこれで終わりだ。家族、娘との時間をもっと大切にしたい。母国のために自分はできる限りのことをやったと思う」

「今後はチェルシーに完全集中するよ。プレミアリーグは素晴らしい環境だ。心から楽しんでいる。本当に激しいリーグだね」

1月にユヴェントスからローン移籍してきたイグアインは、ここまで10試合3ゴールを記録。次は日曜日、カーディフ戦を控える。

チェルシーからその他