ニュース

マウリツィオ・サッリが選手の状態、カーディフ戦についてコメント

カーディフとのアウェイでの一戦を前に、マウリツィオ・サッリが代表戦明けのエンゴロ・カンテ、エデン・アザールといった選手の状態について、またトップ4への道のりについてコメントした。

代表戦にはあまり興味のないと以前語ったサッリ。カラム・ハドソン=オドイ、ロス・バークリー、エデン・アザール、オリヴィエ・ジルーといった代表で輝きを放った選手について尋ねられた際に再度代表戦について語った。

「自分にとっては複雑だよ。疲労の溜まっている選手がいるからね」と彼は返答。

「カンテ、ジルー、アザールは7日間で3試合に出場したんだ。今は10月ではない。疲労がかなり溜まっている。回復の時間が必要なんだ」

「そして全員が集まったのは昨日のことだ。トレーニングを見ていたが、何人かは疲れている様子だったね」

サッリはアザールのこれからについてはわからないとコメント

「2つの選択肢がある。アザールに聞くか、クラブに聞くかだ。市場は自分の担当ではない。今はアザールにとっても大事な時期だ。彼の決定を尊重したいとも思うよ。それでも彼のことについては分からないんだ」

カーディフはホームでの試合で好調を維持

「残念ながら試合の対応を待たなければいけない。トレーニングでの選手たちの調子はいいよ。それでも試合での対応が大事になってくるんだ」

「彼らはエリア内で体を張ってプレーしてくる。セットプレーなどは危険だね。十分に守らないとけないが、自分たちにとっては厄介だね」

トップ4争いは熾烈、サッリは戦術が必要とコメント

「この時期のプレミアリーグはどのチームにとってもきつい時期なんだ。8連勝を飾らなくてもトップ4に入れる可能性はある」

「試合ごとにしっかりと考える必要がある。大事なのは次の試合に集中することだ」

チェルシーからその他