ヒストリー

セスク・ファブレガスの選んだベストイレブン

以前チェルシーでプレーしていたセスク・ファブレガスが自身のベストイレブンを発表し、チェルシーからは3選手が選ばれた。

スペイン代表ではワールドカップとユーロを制覇し、チェルシー時代にはプレミアリーグ、バルセロナ時代はラ・リーガのタイトル手にしたセスクがピッチ上で共に戦ってきた選手からベストイレブンを選出した。 

1月にモナコへ旅立ったセスクが自身のインスタグラムを通して4–4–2のベストイレブンを投稿した。そこにはチェルシー現所属の選手も含まれている。

最初にゴールキーパーがイケル・カシージャス。センターバックにはジョン・テリーが選ばれた。相方にはジェラール・ピケ、サイドバックにはダニエウ・アウベス、ジョルディ・アルバと並ぶ。2014年夏までのセスクがチェルシーへ移籍するまでの3年間、カンプ・ノウで共に戦った選手らが選出された。

 続いて中盤4枚の左サイドにはエデン・アザール、一方の右サイドにはリオネル・メッシ、中盤の底には安定感と技術を兼ね備えたアンドレス・イニエスタとパトリック・ヴィエラの2人を選んだ。

 

アーセナルからはパトリック・ヴィエラに加えてもう1人、ティエリ・アンリがツートップの一角を担う。アンリの相方にはチェルシーとスペインで共に戦い、セスクのパスターゲットになることが多かったディエゴ・コスタが選出。 

ベンチメンバーを選べば才能のある選手がより多く選ばれるだろう。 

このチームの感想は?ダニエウ・アウベスではなく、セサル・アスピリクエタかブラニスラヴ・イヴァノビッチを選ぶべきだった?それとも左サイドバックはアーセナルでセスクとプレーしたアシュリー・コール?

 

 

チェルシーからその他