ニュース

マウリツィオ・サッリがロス・バークリーの成長についてコメント

マウリツィオ・サッリが、ロス・バークリーの目覚しい成長ぶりについてコメントした。

バークリーは昨年1月にエヴァートンから加入も、当初は怪我のため多くの時間をリハビリに費やした。

今シーズンはプレシーズンからしっかりチームに合流、2018/19シーズンはサッリのもと存在感を示している。

「昨シーズンのことがあったから、開幕当初は自信に欠ける部分もあった」と話すサッリ。「だが3試合、4試合、5試合とスタメン起用が続くうちに変わっていった。とても大切な選手だよ。中盤に欠かせない。多くの試合もこなしてきたからね」

「戦術的な成長が大きい。特に守備面だね。もともと持っている技術は間違いない。攻撃面ではゴールも狙える選手だ。毎シーズンのように7点や8点は計算できる。今は守備面でも頼れるようになった」

「フィジカル面でも大きく違う。昨シーズンは200分間しかプレーしていなかったから、時間が必要だった。今は脚の状態も順調。シーズンを通して良くなってきている」

代表戦明けの一戦となるカーディフ戦だが、サッリが気を抜くことはないようだ。シーズンが終わってからようやく休息が訪れると言う。

「スイッチをオフにはしないよ。少なくともその意識は保っている」と話すサッリ。「代表戦ウィークでも仕事はある。この5試合、6試合を見て、今後の相手を見て、同じように分析するんだ」

「試合だろうが練習だろうが大切なのは変わらない。11ヶ月間、同じだけ集中して臨んでいる」

記事:カーディフ戦を控えてアザールとカンテの状態についてコメント

チェルシーからその他