インタビュー

新たな選択肢

マウリツィオ・サッリはルベン・ロフタス=チーク、カラム・ハドソン=オドイのような若い選手がチームに大きな変化をもたらすとした。

若き2人はサッリのスタイルになってからスタメン出場することはなかなか無かったものの、これまで多くの経験を積んできた。サッリはこの2人が現在残りのリーグ戦で大きな役割を担ってくれると確信しているようだ。

さらにこの2人は残り試合が少なくなってきた今、エネルギーに満ちており見事な活躍を見せている。ハドソン=オドイはブライトン戦で初となるプレミアリーグでの先発出場を勝ち取り、ロフタス=チークは2試合連続でゴールを記録。先週のカーディフ戦では決勝点を奪っている。

「シーズンの初め、ハドソン=オドイは大きなポテンシャルを秘めていたが、プレミアリーグでプレーするのにはまだ準備が足りていなかった」とサッリは説明。「ロフタス=チークも同様だ。ロフタス=チークは自分のフットボールに適応しきれていなかったんだ。戦術的に改善の余地があったね。それでも背中の怪我がありそれが治るのを待つ必要があった」

「しかし今、彼らはフレッシュな状態で準備が出来ている。今シーズンかなり成長したね。今となってはチームにとって大切な選手たちだよ」

サッリは今シーズン初めにアウェイでウェストハムと引き分けているが、今回のホームでの試合は勝利を目指すとコメント。

ウェストハムとの対戦は1-0で辛くも勝利したアウェイでのヨーロッパリーグ、PAOK戦の後に行われた。しかしサッリは今回の対戦でチェルシーの真価を発揮できるとコメント。

「前回の試合はフィジカルの面であまりいい状態では無かった」とサッリはコメント。「ギリシャで3日前に試合を行なっていた。メンタル的にもフィジカル的にも万全の状態ではなかったんだ」

記事:マウリツィオ・サッリがウェストハム戦のメンバーについてコメント

チェルシーからその他