分析

サッリ:最高のパフォーマンス、アザールの未来

シーズン序盤以来となるリーグ戦3連勝を果たしたチェルシー。マウリツィオ・サッリは特にエデン・アザールを「衝撃的」と評している。

ウェストハム戦ではアザールが前後半に1点ずつを決め、チェルシーが2-0と勝利。アザールは4人をかわしてゴールを決めるど衝撃を与えた。

サッリはアザールの活躍を賞賛しながらも、チームとしてのパフォーマンスに言及している…

「チームとして最高のパフォーマンスだった」サッリは話す。

「前半の内容は良かった。相手にチャンスを与えることなく、試合を支配した。後半の序盤は中盤で主導権を握られたが、最後はまた巻き返したね」

「最高のパフォーマンスだったよ」

アザールのプレーを振り返ったサッリ

「もちろんアザールは素晴らしい活躍をした。信じられないゴールを決めたね。アザールがここ2試合のようなプレーをすれば、試合はもっと簡単になるだろう。どんなチームが相手でも勝てるよ」

自身のシーズンベストと並ぶ19ゴールを挙げている今シーズンのアザール。自身の指導が影響したかと問われたサッリは次のジョークで答えた。

「そんなことはない。アザールの母親に賛辞を贈るよ!」

アザール:シーズンの終わりまでチェルシーの試合に集中する

 

夏にアザールを放出する可能性について、サッリは次のようにコメント

「戦術的な面から言えば、放出の可能性はない。アザールの代わりを見つけることは不可能だ。今はそんな選手はいないよ。アザールと似た選手は2人いるけどね」


「彼は決断すると言っていた。アザールがチームに残ってくれることを願うよ。そでなければ何か違ったことをしなければいけない」


「クラブは彼を放出しようとは思っていないが、もちろん彼の選択をリスペクトしなければいけない。今は契約の最終年だからね。もしも彼が違った経験を求めているなら、それをリスペクトすべきだ。もちろんこちらもできる限りを尽くして彼を説得するが、簡単ではないだろう」

過密日程でのアウェイ連戦を前にサッリは次のコメントを残した。

「タフな一週間だ。72時間後にはヨーロッパリーグを戦い、その72時間後にはリヴァプール戦がある」

「今は3ヶ月前とは違って、20人の選手がいる。ヨーロッパリーグではスタメン11人の入れ替えもあるだろう」

チェルシーからその他