ニュース

マウリツィオ・サッリがスラヴィア・プラハ、エデン・アザールについてコメント

サッリ「危険な相手」

マウリツィオ・サッリはスラヴィア・プラハ戦について難局なると予想。またエデン・アザールのスタメン起用についてもコメントした。

プラハ東部のエデン・アリーナにて試合前記者会見に臨んだサッリ。記者会見には同じくイギリスから飛んだジャーナリストも参列していた。

まずは対戦相手へのコメントから。

「しっかり注意しないとね。とても危険な相手だ」と話すサッリ。

「かなり危険なチームだよ。セヴィージャ相手には2試合で6ゴールも決めたんだ。とてもコンパクトに戦い、守備がいい。攻撃の際には5人から6人を手数にかける。カウンターは要注意だ。簡単な試合にはならないよ」

エデン・アザールのスタメン起用について

「分からない。昨日はジムでのリカバリーだけだったしね。まだ見てないんだ。今朝の時点では疲れもあった。それは(月曜日に)90分プレーした他の選手も同様だ。明日まで待って決断するよ。でも3日後のリヴァプール戦のことも考えないとね」

「スラヴィアは土曜日にプレーして、こっちは月曜日だ。どうしてこうなるのかな。明日はどうしても5名か6名は入れ替える必要が出てくる」

アザールとともに世界最高のチームへ

「まだ世界最高の選手とは言えないかもしれないが、近いところにいるのは間違いない。このクラブを欧州最高のチームへと導き、そこには(アザールも)いてほしい」

今シーズン出番のないダニー・ドリンクウォーターについて、夏の時点で立場は明確だったと言及

「彼自身分かっているはずだ。今のシステムに合う選手じゃない。8月の時点でその話はしている。それでも残る決断を下したのは彼自身だ」

「8月の移籍市場が開いているうちに他の選択肢を探るよう伝えた。今後プレーすることはないだろうと予想していたからね。理由も伝えた。選手はプレー機会を求めるものだが、これに対し出来ることはない。選手としての起用は考えていない」

「関係性自体はいいものだ。人柄もいいし、いい選手なのは分かっている。だが4-4-2あるいは4-2-3-1で光るタイプであって、今のシステムに合う選手じゃない」

ドリンクウォータとは金曜日に面会

「昨日のトレーニングは(ジャンフランコ)ゾラが始めていたし、練習後はすぐに仕事に取り掛かった。スラヴィアの前の試合をチェックしなくてはいけなかったからね」

「ダニーとは基本一緒にトレーニングしているが、アウェイゲームが続くと月に1回か2回(はいない)かな。基本は一緒だよ」

チェルシーからその他