マッチプレビュー

マッチプレビュー:スラヴィア・プラハ v チェルシー - ナンバーズ

今夜の舞台はチェコ。クラブの専門家ポウル・ダットンがヨーロッパリーグ準々決勝をプレビューした…

数字で見るチェルシー

ブルーズはヨーロッパリーグ13戦無敗。グループステージ最終節ヴィディ戦では2-2のドローに終わり、連勝が8でストップしている。ヨーロッパリーグで最後に敗れたのは2013年の準々決勝2nd legルビン・カザン戦。この試合では2-3で敗れたものの、スタンフォードブリッジでの1st legを3-1で制したブルーズが準決勝進出を決めた。

ラウンド16ではディナモ・キエフ相手にアウェイで5-0と大勝したチェルシー。これはUEFA杯とヨーロッパリーグにおけるアウェイ最多得点勝利だ。ヨーロッパにおいては2014年のシャルケ戦以来となるアウェイでの大勝だった。

2戦合計8-0でディナモ・キエフを下したチェルシー。これは1971/72シーズンのカップウィナーズ杯1回戦、ジュネス・ハウカレイジ戦(2戦合計21-0)以来となる記録だ。

90 IN 90 - チェルシーがキエフを圧倒

2003/04シーズン以降、チェルシーがヨーロッパにおける大会で準々決勝へ進出するのはこれが10回目。ブルーズはチャンピオンズリーグでマンチェスター・ユナイテッドに敗れた2011/12シーズンを除いて全てで準決勝進出を果たしている。

チェルシーは今シーズンのヨーロッパリーグで9勝、得失点差は+21を記録しており、これらはいずれも最多の数字だ。

ディナモ戦でネットを揺らしたペドロ


 

ヨーロッパにおけるチェルシーの対チェコ勢アウェイゲーム
1994/95ヴィクトリア・ジズコフ分 0-0カップウィナーズ杯 1回戦 2nd leg(2戦合計4-2)
2003/04スパルタ・プラハ勝 1-0チャンピオンズリーグ グループステージ
2012/13スパルタ・プラハ勝 1-0ヨーロッパリーグ ラウンド32 1st leg(2戦合計2-1)


 

ヨーロッパリーグ戦績
9/20PAOK(A)勝 1-0
10/4ヴィディ(H)勝 1-0
10/25BATE(H)勝 3-1
11/8BATE(A)勝 1-0
11/29PAOK(H)勝 4-0
12/13ヴィディ(A)分 2-2
2/14マルメ(A)ラウンド32勝 2-1
2/21マルメ(H)ラウンド32勝 3-0
3/7ディナモ・キエフ(H)ラウンド16勝 3-0
3/14ディナモ・キエフ(A)ラウンド16勝 5-0

ヨーロッパリーグ得点者

ジルー 9、ハドソン=オドイ 4、ロフタス=チーク 3、ウィリアン 3、バークリー 2、モラタ 2、アロンソ 1、ペドロ 1

ヨーロッパでのここまで

アウェイ勝ちから:0
アウェイ引分から:2
アウェイ負けから:5

マイルストーン

ダヴィデ・ザッパコスタは次の試合でチェルシー通算50試合出場を達成する。

数字で見るスラヴィア・プラハ

創立 1892年

主要タイトル
17 チェコリーグチャンピオンシップ、前回2017年
8 チェコ杯、前回 2018年

スラヴィア・プラハはここまで10戦無敗。2月17日にヴィクトリア・プルゼニに敗れて以降の戦績は8勝2分だ。ここ6試合は21ゴールと得点を量産している。

プラハはヨーロッパにおける対イングランド勢ここ9戦でわずか1勝(2分6敗)。唯一勝利したのは2000年3月のUEFA杯、リーズを2-1で下した試合だ。

2000年3月、リーズに2-1と勝利した試合はスラヴィア・プラハにとって最後のヨーロッパにおける準々決勝であった。プラハは1st legを0-3で落としたため、敗退している。最後にヨーロッパで準決勝へ進出したのは1995/96シーズンのUEFA杯、ローマ戦だ。

19年前、スラヴィア・プラハはリーズを下している

スラヴィア・プラハは1995/96シーズン以来となるヨーロッパでの準決勝進出を目指す。これ以降、チェコ勢はヨーロッパにおいて準決勝へ進出できていない。

スラヴィア・プラハはグループステージでわずか4ゴール。チャンピオンズリーグのグループステージで3位に終わった8チームを含めて、ノックアウトステージへ進出した32チームの中で最も少ない数字だ。一方、ノックアウトステージではここ3試合で10ゴールを挙げている。

ヨーロッパでの過去10年
2008/09ヨーロッパリーグ - グループステージ(チャンピオンズリーグ予選3回戦を経て)
2009/10ヨーロッパリーグ - グループステージ(チャンピオンズリーグ予選3回戦を経て)
2010/11出場なし
2011/12出場なし
2012/13出場なし
2013/14出場なし
2014/15出場なし
2015/16出場なし
2016/17ヨーロッパリーグ - プレーオフ
2017/18ヨーロッパリーグ - グループステージ(チャンピオンズリーグプレーオフを経て)


 

スラヴィア・プラハのヨーロッパにおける対イングランド勢ホームゲーム
1999/00リーズ勝 2-1UEFA杯準々決勝 2nd leg(2戦合計 2-4)
2006/07トッテナム負 0-1UEFA杯1回戦 1st leg(2戦合計0-2)
2007/08アーセナル分 0-0チャンピオンズリーグ グループステージ
2007/08トッテナム負 1-2UEFA杯3回戦 1st leg(2戦合計2-3)
2008/09アストンヴィラ負 0-1UEFA杯グループステージ


 

ヨーロッパリーググループC戦績
9/20ボルドー(H)勝 1-0
10/4ゼニト(A)負 0-1
10/25コペンハーゲン(A)勝 1-0
11/8コペンハーゲン(H)分 0-0
11/29ボルドー(A)負 0-2
12/13ゼニト(H)勝 2-0


 


 

ヨーロッパリーグノックアウトステージ戦績
2/14ゲンク(H)ラウンド32分 0-0
2/21ゲンク(A)ラウンド32勝 4-1
3/7セヴィージャ(A)ラウンド16分 2-2
3/14セヴィージャ(H)ラウンド16勝 4-3(延長)

ヨーロッパリーグ得点者

スコダ 2、ストフ 2、トラオレ 2、ズムルハル 2、クファル 1、クラル 1、マトゥセク 1、ヌガデウ 1、スセク 1(PK)、ファン・ブレン 1

元チェルシーのミロスラフ・ストフは今シーズン、ヨーロッパリーグで2ゴール

監督 インドジフ・トルピショフスキ
在任期間:465日
試合数:59
勝利:41
引分:9
負け:9

ヨーロッパでのここまで

ホーム勝ちから:0
ホーム引分から:1
ホーム負けから:6


 

セヴィージャ戦で活躍したスラヴィア・プラハのオンドジェイ・クデラ


 


その他

スラヴィアのトマス・スセクは出場停止

ヤン・ボリル、オンドジェイ・クデラ、ピーター・オラインカ、ミラン・スコダ、ベンジャミン・トラオレはもう1枚警告を受けると次の試合で出場停止。ロス・バークリーも次の警告で1試合出場停止となる。

チェルシーからその他