分析

データデイ:スラヴィア・プラハ v チェルシー

1st legスラヴィア・プラハ戦でのデータを見て行くと、ゴールをアシストしたウィリアン、決勝点のマルコス・アロンソなど突出したデータが垣間見えた…

チェルシーは8本のシュートを放ち、スラヴィアは9本。そしてチェルシーは2本の枠内シュートを放ったがそのうちの1本がゴールへ。

ウィリアン、アントニオ・リュディガーがゲーム最多の2本のシュートを放った。

最終的にチェルシーは57.1%のボールポゼッションを記録。後半には前半️(53.3%)より高い60.9%のポゼッションとなった。

リュディガーは、最も高い8%のポゼッションを記録し、決勝点を決めたマルコス・アロンソは最多の101回のボールタッチ。マルコス・アロンソはアウェイのヨーロッパリーグで2ゴールとなった。

また564本のうち462本のパスを成功させたチェルシー。成功率は82%だ。この数字は今シーズン比較的低い数字となった。 

CBのリュディガーが73本、アンドレアス・クリステンセンが72本と多くの正確なパスを供給。

キーパスではアロンソの決勝点を演出したウィリアンが3本を記録し、オリヴィエ・ジルーが2本を記録。

ジルーはこのゲームで最多となる5回の空中戦を制した。

30分の出場時間でエデン・アザールは7回のドリブルを成功させた。2位の3回成功させたウィリアン、ロス・バークリーの2倍の数字だ。またアザールは100%の成功率を誇り、5回の被ファールを記録。

そしてチェルシーは22回のタックルを記録️(一方のスラヴィアは14回)。マウリツィオ・サッリも試合後この試合がタフな1戦だったとコメント。

アロンソはゲーム最多の100%の成功率となる5本のタックルを成功させ、アスピリクエタ 、マテオ・コヴァチッチがそれぞれ3本を記録。

またチェルシーは27本のクリア、スラヴィアよりも14本多い結果に。クリステンセンが7本、リュディガーが5本ボールをクリア。

アロンソは3回のインターセプトを記録したが、これを上回ったのは4回を記録したスラヴィアのミシェル・ンガドゥ=ンガジュイだけとなっている。

チェルシーからその他