分析

サッリ:苦しみながらも勝利できた

チェルシーは今シーズン苦しい試合をいくつか落としてきたが、今回はスラヴィア・プラハ相手に勝利を掴み取った。

1-0と勝利した準決勝の1st legをサッリは評価。サッリは勝利したことだけでなく3試合連続となるクリーンシートを評価した。

「良い結果で本当に嬉しいよ。パフォーマンスも見事だった」とサッリはコメント。

「今回はこれまではあまり経験したことがなかったような苦しい試合だった。」

「これまでは何かトラブルが起こるとすぐにゴールを許してしまっていた。今回の試合も少しトラブルが起こっていたが、しっかりと戦い、失点することはなかった」‘

サッリはスラヴィアが難しい相手だった事を認め、来週の試合についてもコメント

「ここで試合することは難しいと分かっていたよ。身体が強く、本当にアグレッシブだった。だから試合中難しい展開になるとは思っていたんだ。選手たちはよく戦ってくれた。後半はより良いプレーが出来ていたね」

「2nd legもまた難しい試合になる。スラヴィアのようなチームはアウェイでも脅威だ。ヘンク戦でも4-1と勝利しているからね。注意深く行きたい」

記事:マルコス・アロンソのキャリア

エデン・アザールが今回の試合スタメンで出場しなかったことについて

「試合の開始の時、彼をベンチに置いておきたかった。難しい試合になると思っていたからここぞというところで投入したかった。もし前半の終了までに1-0とリードしていたらこの試合は休ませるつもりだった」

カラム・ハドソン=オドイが今回の試合ではベンチ外に

「休息が必要だと思ったんだ。だから今回の試合ではベンチ外にした。エメルソンも同じだ。次の試合にはベンチ入りさせるつもりだが、トレーニングを見てからだね」

 

チェルシーからその他