分析

ウィリアンが僅差での勝利となったスラヴィア戦を振り返る

チャンピオンズリーグ出場権獲得の選択肢のひとつ、ヨーロッパリーグ優勝を目指すチェルシーは一歩前進。1-0で制したスラヴィア・プラハ戦について、ウィリアンは苦しい戦いだったと振り返った。

今大会、好調を維持するウィリアン。今回はマルコス・アロンソの決勝点を導くクロスを送り、7アシスト目を記録で大会トップ。またゴール数は3としている。

「うまいこと良いボールになったね」とアシストになったクロスを振り返るウィリアン。この試合ではバー直撃のチャンスも迎えていた。

「これでまた次の試合に集中できる。この勝利で勢いに乗りたいね」

記事:スラヴィア・プラハ 0-1 チェルシー

「かなり難しい試合だった。(スラヴィア・プラハは)いいチームだったね。良いフットボールをしていた。ロングボールと同時にサイドバックも上がってくるから、高い位置でのプレスも難しかった。なんとか試みたけどなかなかうまくいかなかったね。でも最後はしっかり勝利に持っていくことができた。まずは勝利が何よりだからね」

マウリツィオ・サッリはリーグ戦から7名を入れ替え、ウィリアンはペドロ、オリヴィエ・ジルーとともに前線を構成。エデン・アザールは試合が1時間が経過したあたりで投入された。

「エデンは絶好調だね」と話すウィリアン。「かなり特別な選手だよ。とても大切だ。チャンスも増えていて得点のチャンスもあった場面でもの投入はありがたかったね。後半のゴールと結果につながったと思う」

 

チェルシーからその他