ローン

あっちこっちチェルシー - マウントがハットトリック 

若きMFがチャンピオンシップで活躍を見せるなどローン選手が活躍。選手たちのプレーを振り返ろう…

メイソン・マウントがハットトリックを決めダービー・カウンティが4-0でボルトン・ワンダラーズに勝利。フィカヨ・トモリもこの試合に出場している。ブラックバーン・ローヴァーズに2-0で敗れてから立て直し、プレーオフ圏内まで勝ち点2差にまで迫った。

マウント(上記の写真)は前半でこの日最初のゴールを決めると、後半にはアシュリー・コールのスルーパスを決めるなど2ゴール。見事にハットトリックを決めて見せた。

タミー・エイブラハムはブリストル相手にネットを揺らした。トマス・カラス、ジェイ・ダシルバはスタメンに名を連ね、ウェスト・ブロムウィッチ相手に3-2で勝利。 ケイシー・パルマーはベンチから途中出場。

プレミアリーグでは、クル・ズマ所属のエヴァートンがフルハム相手に敗戦。チェルシー所属経験のあるスコット・パーカーがフルハムを率いてから初めての勝利となった。ミシー・バチュアイはシティ戦で出場することはなかった。

スペインではアルヴァロ・モラタがセルタ相手の勝利の貢献。後半にはゴールも決めている。アトレティコはリーグ2位をキープしている。

ティエムエ・バカヨコ所属のACミランはセリエAでラツィオに1-0で勝利しトップ4に返り咲いた。後半にVARでPKの判定が覆ったものの、その後PKを獲得。これが決勝点となりミランが勝利した。オラ・アイナは前半に交代で出場したものの、チームはカリアリと1-1の引き分けに終わっている。

オランダではジェイク・クラーク=ソルターがユトレヒト相手にクリーンシート達成に貢献。試合は0-0に終わり、チームは7位となっている。

ダニロ・パンティッチはパルチザンの3-0の勝利に貢献。今回対戦したチュカリチュキと勝ち点が3離れた3位に位置している。

ババ・ラーマンとランスはリーグ1で0-0の引き分け。セスク・ファブレガスはこの試合に出場したものの、怪我のためすぐに交代してしまった。

イングランドではチャンピオンシップの試合が開催。ルイス・ベイカーはレディングの2点目をアシスト。チームはブレントフォード相手に2-1で勝利した。マット・ミアズガはノリッチ相手に劇的な試合を演じ、2-2の引き分けに貢献した。ノリッチは連勝が8で止まった。レディングは試合の大半をリードしていたが試合終了4分前に逆転を許す。しかし劇的な同点ゴールを決め、勝ち点1をもぎ取った。

トッド・ケインが所属するハル・シティは終了間際にゴール。リース・ジェイムズがいるウィガン相手に2-1で勝利した。ケインは1-0で敗戦した日曜日のミドルズブラ戦でスタメンに復帰している。

ウィガンはリーグ首位のノリッチと対戦。前半終了間際にジェイムズがPKでゴールを決め先制点を挙げる。若きチェルシーの戦士は後半にもロングシュートを放ったもののゴールとはならず。
 

シェフィールド・ウェンズデイに所属するマイケル・ヘクターはリーズ相手に1-0で敗戦。それでのノッティンガム・フォレストに3-0で勝利したおかげでプレーオフ出場のチャンスは残されている。

トレヴォ・チャロバーがいるイプスウィッチはブレントフォードに2-0で敗北。

デュジョン・スターリングのコヴェントリー・シティはリーグワンで勝利。3度リードを奪いながら同点に追いつかれる難しい展開ではあったものの最終的には5-4で勝利している。

ブラッドリー・コリンズはバートンの9位浮上に貢献。チームは3-0で勝利し、5試合で4勝目。残りの1試合はサンダランドとの1-1の引き分けとなっている。

ネイサン・バクスターは1-0で敗戦。

ジェアド・トンプソンのワレンポイントは9人で戦う厳しい状況に。4-2で敗戦した。 

ネイサンは途中出場を果たした。 
 

チェルシーからその他