インタビュー

エデン・アザールがアンフィールドでの一戦についてコメント

プレミアリーグのリヴァプール戦に先立って、エデン・アザールは選手たちが勝ち点3をロンドンに持ち帰ることを目指していると語った。

アンフィールドでのアウェイでの一戦を含め、2018/19シーズンはリーグ戦が残り5試合となっており、トップ4でシーズンを終えるためには一つも落とせない試合が続くことになる。チャンピオンズリーグの出場圏内残り2枠となる勝ち点6の中にブルーズ、トッテナム、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドがいる。 

「残りは5試合だ」とアザールはコメント。「もちろん、トップ4でシーズンを終えるのは難しい。トッテナム、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドと争っているからね。どのチームも素晴らしいチームだし、そのチームもトップ4の座を狙っている。簡単な試合ではないけれど、残りの試合はまだ残っている。シーズンの最後でトップ4入りしていたいね」

リヴァプールは現在時首位に立つが、マンチェスター・シティと熾烈な争いを繰り広げている。アザールはリヴァプールの最近の好調ぶりを称賛したが、彼はこの試合の結果がどのように優勝争いに関係してくるかというより、勝ち点3がチェルシーの順位に直結することにフォーカスしている。

「今シーズンだけでなく2年くらいリヴァプールは順調なシーズンを過ごしているね。でもシティもいる」とコメント。「見ていて本当に面白いチームだ。監督も凄いけど、選手たちも世界でベストの選手が揃っているね。だから今回の試合も面白く、タフな試合になると思う。アンフィールドではいつも苦しい試合を強いられるんだ。でも自分たちはチェルシーだ、どんなチームにも勝つことはできる」

「トップ4で終えるために勝利が必要だね。シティかリヴァプールのどちらが優勝するかはあまり気にしていないよ。自分たちのゲームに集中して勝利したい」

トップ4で終えることはアザールだけでなく、チームにとっても重要だ。アザールもチェルシーはチャンピオンズリーグに出場するべきだと考えているようだ。またプレミアリーグで順位表の上位になったとしてもヨーロッパの大会で結果を残すのはなかなか難しい。

「自分たちにはプレーする資格があると思う。それに尽きるよ」とアザールはコメント。「来シーズンはチャンピオンズリーグでプレーしたい。そのためにはリーグ戦をトップ4で終えるか、ヨーロッパリーグを制覇する必要がある」

「自分だけではない、クラブとしてもチャンピオンズリーグにいなければいけない。今シーズンは出場できていないけれど、クラブのためにも、ファンのためにも毎年チャンピオンズリーグに出場しないといけないんだ。プレミアリーグではいくつのチームがトップ4に入ることができるかはあまり知らないとは思うけど、6か7チームはある。ハードなチャレンジだよ。それでも目標を達成したい」

「毎年状況は違うけれど、毎年きついのは確かだ。年々きつくなっているんじゃないかな。でもシーズンの最後の目標はいつも同じだ。タイトルを取ることだね。そして今シーズンは来季のチャンピオンズリーグ出場権の確保だ」

「自分たちはチェルシーだ。毎年シーズンの初めはトロフィーを獲得できると思っているよ。ここ10年は多くのタイトルを獲得してきた。これを続けないといけないね。メンタリティの問題でもある。もしタイトルを獲得したいと思ったら、獲得することはできるよ」

チェルシーからその他